• プリント

4月13日 付 毎日新聞に、世界人道サミットに関する事務総長の寄稿が掲載されました

2016年04月13日

4月13日 付 毎日新聞に、世界人道サミットに関する潘基文(パン・ギムン)事務総長の寄稿が掲載されました。

史上初の「世界人道サミット」が5月23、24日、トルコのイスタンブールで開催されます。世界中で1億2,500万人が人道援助を必要としている中、世界の指導者が一堂に会し、人道に対するコミットメントを新たにするとともに、危機の防止と収束、そして脆弱性の削減に向けて団結することが狙いです。

事務総長は寄稿の中で、「事態は一刻を争う。世界の指導者たちは、最も困窮している人々に対し支援を約束してほしい」と訴えています。

記事はこちらからご覧いただけます。

一人でも多くのいのちを救い、より効率的・効果的な人道支援を実現するために、何が求められているのか©UNMISS/Patrick Orchard
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。