• プリント

4月11日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、総会議長による寄稿「誰が国連を指導すべきか」が掲載されました

2016年04月11日

4月11日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、モーエンス・リュッケトフト第70回国連総会議長の寄稿が掲載されました。

今年は現職の潘基文(パン・ギムン)事務総長の任期最後の年にあたり、新しい事務総長選出に向けたプロセスが始まっています。412日から14日にかけて、次期国連事務総長選に立候補している8名との非公式の対話がニューヨークの国連本部で行われます。こうした取り組みは今回が初めてです。

総会議長は、「選任プロセスを変えることで、国際関係の新たな透明性と包摂性の基準が確立される可能性があります。国連の指導者として可能な限り相応しい候補者を確保できる可能性を高めることもできます」と述べています。

記事はこちらからご覧いただけます。

モーエンス・リュッケトフト第70回国連総会議長©UN Photo/Rick Bajornas
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。