• プリント

11月25日付の毎日新聞に、潘事務総長の寄稿「COP21に期待すること」が掲載されました

2015年11月25日

11月25日付の毎日新聞に、潘基文(パン・ギムン)事務総長の寄稿「COP21に期待すること」が掲載されました。

30日からパリで始まる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を前に、事務総長は国際社会に対し、2020年以降の新たな温暖化対策の枠組みについて「拘束力ある合意」を求めています。そして「国家の先を思い描き、共通の利益を優先しよう」と、世界の指導者に呼びかけました。

記事および寄稿全文はオンラインでお読みいただけます。