• プリント

「アジア太平洋経済社会調査2005年
Economic and Social Survey of Asia and the Pacific 2006」報告会

プレスリリース 06/019-J 2006年03月28日

主催:国際連合広報センター(UNIC)・日本貿易振興機構アジア経済研究所(IDE-JETRO)

国連経済社会理事会の地域委員会の1つである国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP、バンコク)の年刊書「アジア太平洋経済社会調査2006」の概要説明を、国連広報センターと日本貿易振興機構アジア経済研究所の共催で下記の要領で行います。当日はブリーフィング(英語)を行い、報告書(英文)及び要旨(英文)をお配り致します。

ブリーファー: Ms. Davaasuren Chultemjamts アジア太平洋統計研修所(SIAP)統計専門家
コメンテーター: 植村仁一氏 日本貿易振興機構アジア経済研究所 開発研究センター 主任研究員
日 時: 2006年4月10日(月) 15:00-16:00
場 所: UNハウス 5階 コミッティー・ルーム#2
渋谷区神宮前5-53-70
(JR渋谷駅より徒歩10分、または東京メトロ表参道駅より徒歩5分)
地図: http://www.unu.edu/hq/japanese/access/index.html
使用言語: 英語(同時通訳はございません)
定 員: 50 名
参加費: 無料
お問い合わせ
  ・お申し込み:
国際連合広報センター(担当・岸田 / Tel: 03-5467-4451)
参加ご希望の方は添付ファックス返信用紙または電子メールでお申し込み下さい。
なお、受講票の発行はいたしません。

 
ファックス返信用紙(PDF Word文書

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。