• プリント

10月15日、ギネス記録に挑戦!
貧困をなくすために世界の人々と立ち上がろう

プレスリリース 06/064-J 2006年10月06日

「Stand Up Against Poverty キャンペーン(以下スタンド・アップ)」とは、貧困撲滅とミレニアム開発目標(MDGs)の達成のために世界中の人々が一斉に立ち上がる運動です。そして、立ち上がった人の数で公式ギネス記録を作ることによって、貧困撲滅を世界にアピールしようという取り組みです。スタンド・アップは10月15日と16日に世界中で行われ、24時間の間にどれだけの人が参加したか、翌17日の「貧困撲滅のための国際デー」に発表されます。このキャンペーンは一人ひとりが意思表示を行うことに意義があります。皆さんなりの「スタンド・アップ」でご参加ください。

スタンド・アップへの参加はとても簡単です。集まって座り、宣誓文を読み上げた後でカウントダウンを行い、終了とともに全員で同時に立ち上がります。ですから、どんなイベントや行事にでも取り入れられます。例えば、スポーツの試合やコンサート、劇の始まる前や休憩中の数分を使って行えます。あなたのスタンド・アップがカウントされるためには、「ほっとけない 世界のまずしさ」ウェブサイトで事前に登録することが必要です。アドレスは、http://www.hottokenai.jp。まずは参加方法について確認してください。

このキャンペーンの狙いは、国や人種・民族の違いを超えて、貧困撲滅とミレニアム開発目標を達成しようというメッセージを世界中に発信することです。コフィー・アナン国連事務総長もこのキャンペーンを支持しており、「ミレニアム開発目標の大切さを知ってもらい、目標達成を世界中の人々がサポートしているということを政治家に示すことが大事だ」と言っています。

個人が貧困問題を真剣に考えることが、世界の貧困撲滅の一歩となります。あなたのスタンド・アップが、貧困で苦しんでいる人を救うことになるでしょう。日本では、10月15日(日)19:00~16日(月)19:00の24時間がギネス記録としてカウントされます。Let’s Stand Up!

Stand Up Against Poverty キャンペーン(英文サイト)
http://www.millenniumcampaign.org/standup

詳細は以下にご連絡ください。 
「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン 代表:林 達雄 
Tel. 03-5484-5977 Fax. 03-5440-9114  E-mail:info@hottokenai.jp