• プリント

UNギャラリー
『今、行動のとき-ミレニアム開発目標(MDGs)達成のために』 9月5日(火)スタート!

プレスリリース 06/057-J 2006年08月31日

東京・渋谷のUNギャラリーでは、2006年9月5日(火)から28日(木)まで、国連開発計画(UNDP)と国連ボランティア計画(UNV)の共催にて、『今、行動のとき-ミレニアム開発目標(MDGs)達成のために』展を開催します。

2000年9月の国連ミレニアム・サミットにおいて、147人の国家元首を含む189の加盟国代表は、21世紀の国際社会の目標として国連ミレニアム宣言を採択しました。この国連ミレニアム宣言と1990年代に開催された主要な国際会議やサミットで採択された国際開発目標を統合し、一つの共通の枠組みとしてまとめたものが、ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)です。MDGsは、貧困、教育、環境などの8項目について、具体的な数値目標と2015年という達成期限を掲げています。

MDGsに関するパネルやポスター、紺野美沙子UNDP親善大使の東ティモール訪問や国連ボランティアの活動などの展示を通じて、本展示が皆さんにとってMDGsの各目標について理解を深め、目標を達成するための行動を起こすヒントとなることを願っています。

タイトル: 『今、行動のとき-ミレニアム開発目標(MDGs)達成のために』
期 間: 2006年9月5日(火)~28日(木)(土・日曜・祝日9/18休館)
時 間: 10:00~17:00(入場は16:30まで)
場 所: UNギャラリー(UNハウス1、2階)
渋谷区神宮前5-53-70
(地下鉄表参道駅、B2出口より徒歩5分)
共 催: 国連開発計画(UNDP)、国連ボランティア計画(UNV)
入場料: 無料
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。