• プリント

国際環境シンポジウム
「 低炭素社会への道筋 ~世界環境デーを迎えて~ 」開催

プレスリリース 07/024-J 2007年05月11日

世界環境デー(6月5日)が今年で35周年を迎えるのを記念して、国連広報センターはチーム・マイナス6%、英国大使館と連携し、国際環境シンポジウム「低炭素社会への道筋~世界環境デーを迎えて~」を開催します。このシンポジウムは、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第4次評価報告書の各作業部会報告の内容や、温暖化をめぐる世界動向の情報等を、各界各層のオピニオンリーダーや関心層に提供し、低炭素社会(Low Carbon Society)への道筋を探ることを目的として開催するものです。

タイトル: 国際環境シンポジウム「低炭素社会への道筋~世界環境デーを迎えて~」
日 時:

2007年6月5日(火) 16:30~19:30(予定)

場 所:

丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)

主 催: チーム・マイナス6%、英国大使館、国連広報センター

出演者(予定):

若林環境大臣                  <以下、50音順> 
アヒム・スタイナー氏(国連環境計画 事務局長)※VTR出演を予定 
グレアム・フライ氏(駐日英国大使) 
幸田シャーミン氏(国連広報センター 所長) 
西岡秀三氏(独立行政法人国立環境研究所 参与) 
ロバート・ワトソン氏 
(世界銀行 上級科学顧問 気候変動/持続可能な開発担当、前IPCC議長) 
*出演予定者のプロフィールは次ページをご覧ください。

プログラム: 講演、パネルディスカッション等(※後日、詳細を発表します)
参加費: 無料
定 員:

約300名(※事前申込制、申込が定員数を超えた場合は抽選)

参加申込:

『「低炭素社会への道筋」参加申込』と明記し、氏名、住所、連絡先(電話番号、FAX番号、E-mail)、勤務先、部署名を記載の上、以下1~3のいずれかの方法でお申し込みください。

  1. E-メール:info@team-6.net
  2. FAX:チーム・マイナス6%運営事務局 Fax: 03-5446-4908
  3. 官製ハガキ:〒104-8689 東京都京橋郵便局留
    「チーム・マイナス6%運営事務局」6月5日シンポジウム係
申込締切り: 2007年5月28日(月)23:00必着、申し込み受付終了
注意事項:

申込が定員数を超えた場合は、抽選となります。

  • 入場が可能か否かの発表は、「入場証」の発送をもってかえさせていただきます。
  • 「入場証」は、6月1日(金)までに発送いたします。
  • 「入場証」はシンポジウム当日、必ず携帯してください。不携帯の場合は、入場をお断りする場合があります。
  • 申込に必要な記載事項に不備があった場合、無効になる場合があります。

出演者 プロフィール

(※五十音順、敬称略)

アヒム・スタイナー(Achim Steiner) 国連環境計画 事務局長

 

1961年、ブラジル生まれのドイツ人。ロンドン大学で修士号(開発経済学、地域計画、国際開発、環境政策)。「環境と開発に関する中国・国際協力協議会」、「欧州復興開発銀行の環境諮問委員会」などの顧問、メコン川流域の持続可能な発展プログラムの主席技術顧問、世界自然保護連合の事務局長などを経て現職。

グレアム・フライ(Graham Fry) 駐日英国大使

1972年にオックスフォード大学を卒業後、英国外務省に入省。これまで、1974年から1979年までと、1989年から1993年までの二度にわたって日本に赴任。駐マレーシア大使、経済審議官を経て、2004年7月より現職。

幸田 シャーミン(こうだ しゃーみん) 国連広報センター 所長

ハーバード大学ケネディ・スクール・オブ・ガバメント卒 修士号取得。 
フジテレビ「スーパー・タイム」でニュースキャスターを務めるなど、テレビ・ラジオで活躍。(前)中央環境審議会委員、(前)林政審議会委員、食料・農業・農村政策審議会臨時委員など公職を経て現職。IGES・地球環境戦略研究機関理事、水と緑の惑星保全機構理事なども務める。

西岡 秀三(にしおか しゅうぞう) 独立行政法人国立環境研究所 参与

東京大学大学院博士課程修了、工学博士。旭化成工業を経て国立環境研究所勤務、MIT客員研究員、東京工業大学教授、慶應義塾大学教授、IGES気候政策プロジェクトリーダー、国立環境研究所理事を歴任。専門は環境システム学、環境政策学、地球環境学。主に温暖化の科学・影響評価・対応政策研究に従事。1988年より2007年IPCC第2作業部会副議長、章担当主執筆者など。2004年から2008年にかけては、環境省地球環境研究総合推進費「2050年日本低炭素社会シナリオ研究」プロジェクトリーダー。

ロバート・ワトソン(Robert Watson)世界銀行 上級科学顧問 気候変動/持続可能な開発 担当

ロンドン大学で博士号取得(化学)。 
前IPCC(気候変動に関する政府間パネル)議長(1997年~2002年)。 
クリントン政権下で、大統領府の科学技術政策局の環境担当副部長、 
クリントン政権前は、NASA(米航空宇宙局)の科学部門ディレクター。 
「科学の自由と責任」賞(全米科学振興協会)など受賞多数。