• プリント

GEO-4(地球環境概況)発表シンポジウムのご案内

プレスリリース 07/084-J 2007年10月19日

東京は10月26日(金)、UNハウスで開催

環境、開発、福祉に関する国連の最も包括的な評価報告書「Global Environment Outlook(地球環境概況、GEO-4)」の発表会が、このたび世界の約40都市で開催される運びとなりました。アジア太平洋地域での開催のうち、東 京では国連環境計画(UNEP)と国連広報センター(UNIC)の主催により下記の要領で行います。

今回の報告書『The Global Environment Outlook: environment for development(地球環境概況:開発のための環境)』は、世界各地のステークホルダーとの5年間にわたる協議を経て作成されたもので、過去、現 在、未来の観点を織り込み、グローバルな視点とサブ・グローバルな視点を組み合わせながら、環境の現状に関する調査結果を政策分析と関連づけています。 GEO-4は、政策上注目すべき新たな環境問題も明らかにしています。GEO-4の評価では、過去20年間の環境トレンドと開発のレトロスペクティブ分析 を行う基準として、1987年の環境と開発に関する世界委員会報告書『われら共通の未来(Our Common Future)』が用いられています。また、人間の福祉と開発における環境の役割を中心に、環境と開発の問題がともに論じられています。

持続可能な開発に携わるあらゆる関係者にとって、待望の報告書ともいえるGEO-4の発表会にぜひご参加ください。なお当日はGEO-4概要の日本語版を配布予定です。シンポジウムに参加ご希望の方は添付の申込み用紙にご記入の上、ファクスにて1024日(水)までにお申し込み願います(Fax: 03-5467-4455)。
*GEOの詳細は国連環境計画(UNEP)のウェブサイト http://www.unep.org/GEO/ をご覧ください。

タイトル: GEO-4(地球環境概況)発表シンポジウム
日  時: 2007年10月26日(金)10:30-12:30
場  所:

エリザベス・ローズ会議場(UNハウス5階) 受付2階
渋谷区神宮前5-53-70 (地下鉄表参道駅、B2出口より徒歩5分)
地図:http://www.unu.edu/hq/japanese/access/index.html

通  訳:

あり(日英同時)

入 場 料: 無料
主  催: 国連環境計画(UNEP)、国連広報センター(UNIC)
後  援: 環境省(予定)

 

プログラム(予定)

10:00 受付開始(UNハウス2階)
10:30 挨拶
幸田 シャーミン 国連広報センター所長
小島 敏郎 環境省 地球環境審議官
10:45

パネラーからの発表

出演者(予定)

モデレーター:ムシュタク・メモン氏
国連環境計画 国際環境技術センター(UNEP IETC)
アンチャ・スリニバサン氏(地球環境戦略研究機関)
荻原 朗氏(地球環境戦略研究機関)
一ノ瀬 俊明氏(国立環境研究所)
クラウディア・テンハヴ氏(国連大学高等研究所)
クラリス・ウィルソン氏 (国連大学高等研究所)

11:40

質疑応答

12:30 閉会

GEO-4(地球環境概況)発表シンポジウム・参加申込み FAX送信用紙

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。