• プリント

貧困をなくすため、国連職員が「スタンドアップ」
~世界貧困デーの世界同時アクションに国連職員が参加~

プレスリリース 07/081-J 2007年10月11日

20071017日、世界貧困デーに合わせて世界同時アクション、STAND UP SPEAK OUT(スタンドアップ・スピークアウト)が行われます。これに合わせ、東京・渋谷のUNハウスに勤務する多くの国連職員らがUNハウス前で、スタンドアップ・イベントを実施いたします。このイベントはギネス記録更新のために立ち上がり、貧困問題解消とミレニアム開発目標の達成を訴えること目的にしております。世界各地、日本各地でも同様のイベントが企画されており、昨年樹立されたギネス記録2350万人を超える動員を目指します。

STAND UP SPEAK OUTは、世界中で同時に「貧困問題解消」と「ミレニアム開発目標(MDGs)の達成」のため、世界の市民の行動を呼びかけるもので、国連ミレニアム・キャンペーン(MC)とグローバルな貧困根絶運動(GCAP)のパートナーシップの下に実施される取り組みです。日本時間の17 日AM6:00-18 日AM6:00 の24 時間以内に世界中の人々が、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成など貧困問題解決のための意志表示として立ち上がり、その人数でギネス記録に挑戦する世界同時アクションです。初めて実施された昨年は、全世界87カ国で総計23,542,614 人が立ち上がり、ギネス記録が樹立されました。今年は全世界で5,000 万人の参加を目指し、ギネス記録の更新に挑戦します。

日本では、国連広報センター(UNIC)と、NGOを中心に組織されたSTAND UP SPEAK OUT実行委員会の連携のもとで企画されており、同日には、大阪長居スタジアムで実施されるサッカー日本代表 対 エジプト代表の試合会場や、全国各地の大学や高校、そして小中学校でもこのアクションへの参加が予定されています。STAND UP SPEAK OUT実行委員会は同日夜、代々木公園野外ステージで、アーティストやゲストスピーカーを呼んでメインイベントを実施する予定です。

 

日 時:

2007年10月17日(水)12時30分~13時

場 所:

UNハウス(国連大学本部ビル)前(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

内 容:

STAND UPにまつわる様々な催し
国連職員参加のSTAND UPアクションの実施

問い合わせ: 外務省、財団法人中東調査会

申込み先:

国連広報センター
担当・千葉(Tel: 03-5467-1305)、小栗(Tel: 03-5467-4451)

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。