• プリント

UNギャラリー
『アジアの子どもたちの絵日記展』、本日スタート!

プレスリリース 07/110-J 2007年12月26日

東京・渋谷のUNギャラリーでは、本日から2008年2月20日(水)まで、国連広報センター(UNIC)と社団法人日本ユネスコ協会連盟の共催により、「アジアの子どもたちの絵日記展」を開催します。

この展示では、三菱アジア子ども絵日記フェスタを通じて、日本を含むアジア22の国・地域の子どもたちから「伝えたい な、私の生活」というテーマで募集した絵日記のうち、国際選考会(選考委員長:平山郁夫氏)で選出されたグランプリおよび各賞の合計71作品をご紹介して います。

国や習慣の違う子どもたちが、毎日をどのように過ごし何を感じたか。それぞれの絵日記には豊かな感性と人間性が表現されています。子どもたちが描く多様なアジアの生活・文化をお楽しみ下さい。

 

タイトル:

「アジアの子どもたちの絵日記展」

期 間: 2007年12月26日(水)~2008年2月20日(水)
時 間: 10:00~17:00(最終日は15時まで)
場 所: UNギャラリー(UNハウス1、2階)
渋谷区神宮前5-53-70(地下鉄表参道駅、B2より徒歩5分)
入場料: 無料
主 催:

社団法人日本ユネスコ協会連盟、 国連広報センター(UNIC)

後 援: UNESCO(国連教育科学文化機関)
お問合せ:

三菱アジア子ども絵日記フェスタ実行委員会事務局 
TEL:03-5777-6825 FAX:03-5777-5351

「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」ウェブサイト:http://enikki.mitsubishi.or.jp

【三菱アジア子ども絵日記フェスタ とは…】
アジアの子どもたちの絵日記を通じてアジアをより深く理解するとともに交流の輪を広げ、さらに識字教育支援を目指して1990年より16年間実施した「ア ジア子供アート・フェスティバル(応募総数327,443作品)」を前身としています。次世代を担うアジアの子どもたちがともによりよい未来を築けるよ う、互いの文化を理解し尊重するための支援活動として、名称も新たに開催しているのが「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」です。2006-2007年のプ ログラム募集対象はアジア22の国・地域に暮らす6歳から12歳の子どもたちで、募集作品は「伝えたいな、私の生活」をテーマにした5枚1組の絵日記で す。応募作品は、まず各国・地域ごとの国内審査で各8作品、合計176作品が選ばれ、さらに国際選考会(選考委員長:平山郁夫氏)でグランプリ(各国・地 域から1作品)、三菱広報委員会賞(各国・地域から1作品)、日本ユネスコ協会連盟賞(各国・地域から1作品)、入選(各国・地域から5作品)が決定いた しました。

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。