• プリント

事務総長、山下真理(やました・まり)氏を 国連事務総長代表兼国連ベオグラード事務所長に任命

プレスリリース 20-101-J 2020年12月29日

Photo: UN Peacekeeping website

アントニオ・グテーレス事務総長は20201222日、山下真理氏(日本)を国連事務総長代表兼国連ベオグラード事務所長に任命すると発表しました。山下氏の前任であったシモーナ=ミレラ・ミクレスク氏(ルーマニア)は、ルーマニア政府で新たな役職に就いています。事務総長は、国連ベオグラード事務所の活動に対するミクレスク氏の任期中の貢献に対し、感謝の意を表明しています。

山下氏は事務総長代表として、国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)に対する支援のほか、国連とUNMIKの活動に特に関連の深い地域的動向に関するベオグラード事務所の活動を監督することになります。

山下氏は経験豊富な国連の専門職員として、30年を超えるキャリアの持ち主であり、本部とフィールドの両方で平和と安全、予防外交、平和構築、アウトリーチの活動に携わってきました。現在は政治・平和構築局(DPPA)と平和活動局のアジア太平洋部次長を務めています。

その他、国連ではこれまで、平和構築支援事務所次長、東京の国連広報センター所長、事務総長室対外関係顧問を歴任しています。山下氏はさらに、国連ネパール・ミッション(UNMIN)、国連東スラボニア、バラニャおよび西スレム暫定機構(UNTAES)、欧州安全保障協力機構(OSCE)・国連アルメニア合同活動などに勤務し、フィールドでもリーダーシップを発揮しました。

山下氏は上智大学(日本)で法学学士号を、タフツ大学フレッチャー法律外交大学院(米国)で法律外交学修士号をそれぞれ取得しています。

ニューヨーク、20201222

* *** *

原文(English)はこちらをご覧ください。