• プリント

「デジタル協力のためのロードマップ」の日本語訳、発表 ー富士通が訳出に協力

2020年10月02日

 

グテーレス国連事務総長が今年6月に発表した「デジタル協力のためのロードマップ」の日本語版がこのたび完成し、国連のウェブサイトに掲載発表されました。

日本語版の発行にあたっては、富士通株式会社が邦訳を作成しました。 

報告は、様々なステークホルダーがグローバルなデジタル協力を強化できる具体的対策を提言しています。

・報告書の日本語版はこちらから

・国連公用6か国語版、韓国語版はこちらから


(関連ページ)

国連事務総長、国際社会にデジタル協力の拡大を呼びかけ(プレスリリース・日本語訳) 
 20200818

デジタル協力の拡大は「生死に関わる問題」であることをCOVID-19が明らかに 
 20200818日 

国連の独立パネル、包摂的なデジタルの未来構築に向けた報告書と提言を発表 
 20190617

事務総長、デジタル協力に関するハイレベル・パネルを設置 安西祐一郎氏(日本)がメンバーに 
 20180718

デジタル技術のインパクト (国連創設75周年Issue Briefs ― さまざまな課題)

 

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。