• プリント

ブリーフィングのご案内 「国連の行財政の現状と課題」

プレスリリース 10-008-J 2010年02月10日

国連総会行財政委員会(第5委員会)事務局長 兼 計画調整委員会事務局長を務めるモーゼス・アベリアン氏(アルメニア)が、外務省の招へいにより、このたび来日します。

国連広報センターは、アベリアン事務局長によるブリーフィング「国連の行財政の現状と課題」を、
2月18日(木)、東京・渋谷の当センター・オフィス内で開催します。アベリアン事務局長は国連行財政の実務に最も精通している国連職員の一人であり、国連予算の策定から決定に至るプロセス、さらに各国の国連分担率などについてお話しする予定です。また、外務省より紀谷昌彦国連企画調整課長にコメントをいただきます。ぜひご参加下さい。

タイトル:ブリーフィング「国連の行財政の現状と課題について」
日時:2010年2月18日(木)15:30-16:30 (15:00受付開始)
場所:国連大学本部ビル(UNハウス)【http://www.unu.edu/access/】
8階 国連広報センター・オフィス内
主催:国連広報センター(UNIC)
言語及び参加費: 英語のみ、無料
対象:メディア、研究者ほか
お申込み:メールによる事前のお申し込みが必要です【2月17日(水)締切】。
以下の項目を明記の上、件名を「第5委員会ブリーフィング参加希望」として、event@untokyo.jp までお申し込み下さい。
①お名前(漢字表記及びローマ字表記)
②ご所属及び肩書き
③連絡先(電話番号、Eメール・アドレス)
*定員になり次第、締め切りとさせていただき、定員オーバーの場合のみ、こちらからご連絡いたします。
問い合わせ:国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)

モーゼス・アベリアン事務局長の略歴:2003年、国連総会第5委員会事務局長に就任。それ以前は、アルメニアの国連常駐代表・特命全権大使(1997-2003年)。このほか、国連総会第5委員会議長(1998年)、ユニセフ執行理事会議長(2001年)など、多数の国際機関で役職を務める。

国連総会第5委員会の概要:総会において国連の行政および予算を審議する委員会。第5委員会は、国連の通常予算、平和維持活動(PKO)の行政および予算、分担率など国連行財政全般にわたり審議し、決議案を総会本会議に上程する。また、国連専門機関との共通制度の財政および予算を審議し、当該国連専門機関に勧告を行う。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。