• プリント

12月10日は 人権デー 「スタンド・アップ」キャンペーンが始まります!

プレスリリース 16-111-J 2016年12月09日

logo-standup今年の人権デー(12月10日)に、「スタンド・アップ ~今日、誰かの権利のために立ち上がろう~(Stand up for someone’s rights today)」キャンペーンが始まります。これは、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)によるもので、世界の人々に向けて人権の擁護のための行動を促すよう呼びかけるキャンペーンです。このキャンペーンを通して、人権を守り、また、支援の立場を示すことは、一人ひとりの責任であるというメッセージを伝えます。職場、スポーツ競技場、学校、街中でなど、日々の生活において世界の人たちが人権のために立ち上がるためには、何ができるのかを考えてもらうというのがこのキャンペーンの目的です。

同キャンペーンのための特設サイト www.standup4humanrights.org も設けられ、世界中の活動や情報を共有できる場所となっています。誰かの権利のためにどう立ち上がることができるか ― 関連情報、資料、ヒントがまとめられています。このサイトの特徴は以下となります。

ワン・クリック・アクション:世界中のヒューマンライツ・チャンピオン(人権保護の第一人者)と共に、「誰かの権利のために立ち上がる」という意思を示しましょう。サイト内の“TAKE THE PLEDGE(誓いを立てる)”の「人権に対するあなたの決意」の内容を確認し、“I PLEDGE(以上のことを私は誓います)”のボタンをクリックすることで参加できます。

「あなたから始まる」:このキャンペーンの原点を説明し、行動を呼びかけるゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権高等弁務官からのビデオメッセージがご覧になれます。

ヒューマンライツ・チャンピオン(人権保護の第一人者):ここでは、ヒューマンライツ・チャンピオン(人権保護の第一人者)の5人のストーリーや経験を知ることにより、私たちは刺激をもらい、自らの行動につなげていくことができます。

行動を起こす:ここでは、自分の活動を周囲に広げるための発信方法を紹介しています。あなた自身の経験を共有することで、他の誰かの心を動かすきっかけになるかもしれません。

人権デー・イベント:世界中で行われている人権デーに関する活動を見てみましょう。例えば、12月10日15時(CET/中央ヨーロッパ時間、日本時間では同日23時)には、ゼイド国連人権高等弁務官が45分間のフェイスブック・ライブを通して世界の視聴者からの質問に生で応えます。

キャンペーン・アイテム:ポスター、バッジ、ブレスレット、自撮りブース用アイテムなどがダウンロードできます。

詳しくは>>www.standup4humanrights.org

今年の国連事務総長の人権デー・メッセージはこちら:
https://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/22129/

これは「TOGETHER」キャンペーンの一環でもあります。詳しくはこちら:
https://www.unic.or.jp/news_press/info/22083/

screenshot