• プリント

11/5(月)開催 シンポジウム 「国連と日本のPKO20年~新たな課題への対応~」

プレスリリース 12-054-J 2012年10月25日

今年は、日本が初めて国連の平和維持活動(PKO)に参加してから20周年であると共に、国連においてもPKO局が設立されて20周年にあたる節目の年です。

これまでPKOが果たしてきた役割を振り返ると共に、PKOが直面している課題や日本の貢献のあり方を議論するシンポジウムが11月5日(月)、東京・渋谷の国連大学において、国連広報センターと外務省が主催して行われます。

本シンポジウムには、エルベ・ラドスー国連PKO担当事務次長が出席して基調講演を行うと共に、PKOの今後の課題を議論するパネル・ディスカッションに参加する予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。

タイトル:「国連と日本のPKO20年~新たな課題への対応~」

日 時:2012年11月5日(月) 14時00分~18時30分
     (受付 13時30分~)

場 所:国連大学本部ビル3階 ウ・タント国際会議

主 催:外務省、国際連合広報センター

言 語:日英同時通訳あり

定 員:300名(事前申込みが必要)

参加費:無料

申込み:11月2日(金)までに 1)氏名(漢字表記及びローマ字表記),2)所属・肩書き,3)連絡先をsympo1105.mofa@nissansha.co.jp までお知らせください。

お問い合わせ:
シンポジウム参加登録事務局[(株)日産社内]電話:03-5570-3509

(注)お申し込みの際にご記入いただきました個人情報は,本行事主催者の委託に基づいて,シンポジウム運営事務局が管理しております。本ページより申し込み頂いた方の個人情報は,行事への参加申し込みの受付及び事務局の運営に必要な各種ご連絡に限定して利用させていただきます。ご本人の同意なく,個人情報を第三者に提供することはございません。

プログラム

開会挨拶:玄葉光一郎 外務大臣(予定)

第1部
基調講演「PKOの最近20年~国連の視点から」

エルベ・ラドスー 国連PKO担当事務次長(予定)
コメンテーター: 神余隆博 関西学院大学副学長

第2部
報告「日本のPKO参加20年の歩み」

髙橋礼一郎 内閣府国際平和協力本部事務局長

第3部
パネル・ディスカッション:「PKOの今後の課題」

パネリスト(予定):

エルベ・ラドスー 国連平和維持活動担当事務次長
リチャード・ゴーワン米国ニューヨーク大学国際協力センター教授
西田恒夫 国際連合日本政府代表部常駐代表(大使)
北岡伸一 国際大学学長/政策研究大学院大学教授 他
 
モデレーター:

星野俊也 大阪大学教授

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。