• プリント

国連公開シンポジウム:女性が地球を元気にする(国際女性の日2011)

プレスリリース 11-008-J 2011年02月10日

3月8日は国連が定めた「国際女性の日」です。社会全体の取り組みによって、女性たちが平等、安全、開発、組織への参加に関してどこまで可能性を広げてきたかを確認し、今後のさらなる前進に向けて話し合う日です。毎年この日に世界各地で記念イベントが開催されています。

今年の「国際女性の日」を記念して、駐日国連諸機関は3月8日(火)、東京・有楽町の有楽町朝日ホールにて「女性が地球を元気にする」をテーマとした国連公開シンポジウムを開催します。世界を舞台に活躍する3人の女性パネリストによるトークセッション、宇宙という壮大な夢に家族で挑んだ宇宙飛行士の山崎直子さん、大地さんご夫妻によるトークをお届けします。そして、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、および2011年から本格的に活動を開始した国連の新組織UN Women(ユーエヌ・ウィメン)のミチェル・バチェレ事務局長によるメッセージを通じて、女性の社会参加がもたらすインパクトや今後の更なる前進に焦点を当てます。

なお、本シンポジウムは朝日新聞社ほかが主催する国際女性の日イニシアティブ「Femmes@Tokyo(ファム@トウキョウ)」と連動して開催されます。シンポジウムに参加ご希望の方は、「国際女性の日事務局」への事前申込みが必要となります(詳細は以下ご参照)。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

イベント:「国際女性の日2011国連公開シンポジウム 女性が地球を元気にする」
日  時:2011年 3月8日(火) 18:00~20:30
場  所:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2‐5‐1有楽町マリオン11階)
主  催:駐日国際連合諸機関、朝日新聞社
後  援:外務省、内閣府男女共同参画局(予定)
協  力:グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク(GC-JN)
お申込み:インターネット(パソコン・携帯電話)、郵便、ハガキ、FAX のいずれかでご応募ください。
【インターネット】  http://www.asahi.com/e-post/
【ハガキ・FAX】郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・電話番号・参加希望人数(1通につき2名まで)を明記の上、「希望講座1(国連公開シンポジウム 女性が地球を元気にする)」とお書き添えいただき、以下の宛先へご応募ください。
〈ハガキ〉〒104‐8665 東京・晴海支店 私書箱303号 朝日新聞東京本社広告局「国際女性の日」係
〈FAX〉03-5972-6634(「国際女性の日」係と明記してください)
 ※締め切り 2月24日(木)必着
※抽選で各回600名様に招待状をお送りします。
※お預かりした個人情報は、招待状の発送・ご連絡のみに使用いたします。              
お問合せ先: 「国際女性の日」事務局 電話03-5847-7739
(10:00~18:00、土・日・祝を除く)

プログラム(予定)18:00-20:30

●グローバルトーク 「私の職場は地球 ~世界に出てみよう~」
白木夏子     HASUNA Co.,Ltd. 代表取締役 
津坂美樹  ボストンコンサルティンググループ 東京事務所シニア・パートナー  
熨斗麻起子  可宝得環保技術有限公司 総経理
モデレーター  山脇岳志  朝日新聞社 GLOBE編集長

●ドリームトーク 「夢をかなえる―― 宇宙へ、家族とともに」
宇宙飛行士 山崎直子、大地夫妻 
聞き手  浜田敬子 朝日新聞出版「AERA」副編集長

●ビデオメッセージ
潘基文 国連事務総長
ミチェル・バチェレ UN Women事務局長

総合司会
山下真理  国連広報センター(UNIC東京)所長

* *** *