• プリント

国連薬物統制計画(UNDCP、 本部 ウィーン)と
小室哲哉氏との寄付金に関する調印式

プレスリリース 00/06 2000年01月20日

 麻薬・覚せい剤等薬物乱用は世界的に蔓延しており、とくに、次世代を担う青少年に薬物乱用が増大しており大変危惧されます。日本でも、昨年覚せい剤の押収量がほぼ2トン近くに拡大しており、史上最高記録を大きく更新して、大変な脅威となってきています。
 このような状況を克服すべく官民一体の積極的な取り組みとして、小室哲哉氏とそのグループおよびスタッフの協力により「Happiness×3、Loneliness×3」という薬物乱用防止キャンペーンソングが製作され、TM Network、フリオ・イグレシアスJr.(英語)、シーラE(スペイン語)、ウォン・リー・フォン(中国語)の四カ国語によるCDが既に発売されています。ヤング世代に人気のある小室氏からの薬物乱用防止メッセージには多大な効果が期待されます。
 また、このCDの売り上げによる収益金は、国連薬物統制計画(UNDCP)および麻薬・覚せい剤乱用防止センターに寄付される予定です。そこで小室氏と国連薬物統制計画(UNDCP)アルラッキ事務局長が覚書に調印いたします。また、例年の麻薬・覚せい剤乱用防止センターが実施している国連支援基金に関する覚書の調印も行います。

調印式内容

 

  1. 場所:東京全日空ホテル 地下1階 「凌雲の間」
  2. 平成12年1月24日(月) 12:20~13:40
  3. 内容:小室哲哉氏とアルラッキ事務局長(UNDCP)、上村理事長(麻薬・覚せい剤乱用防止センター)との調印式、アルラッキ事務局長と上村理事長との調印式
  4. 出席者:アルラッキ事務局長、外務省総合外交政策部審議官、総理府内政審議室審議官、民間放送連盟、ソニー・ミュージック、電通

    照会先:
    財団法人 麻薬・覚せい剤乱用防止センター
    Tel: 03-3581-7436
    担当: 阿部、倉田

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。