• プリント

クシュネル国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)特別代表来日のお知らせ

プレスリリース 00/08 2000年01月31日

 ベルナール・クシュネル国連事務総長特別代表(国連コソボ暫定行政ミッション:UNITED NATIONS INTERIM ADMINISTRATION MISSION IN KOSOVO (UNMIK))は2000年2月1日から5日まで、オクレント夫人と共に来日する。クシュネル特別代表は「国境なき医師団(MSF)」を創設し、もともとは医師として活躍していた。また、フランスの保健・人道活動大臣を務めたこともある。オクレント夫人は著名なジャーナリスト。

 クシュネル特別代表は、滞在中、河野外務大臣ほか日本政府関係者と会談し、コソボの和平履行に関する意見交換を行う予定である。昨年12月に河野外務大臣がベルリンを訪問した際に、クシュネル特別代表と会談している。