• プリント

UNギャラリー「国連文明間の対話」展
オープニングセレモニーとレセプションへご招待

プレスリリース 01/77-J 2001年09月27日

本年4月より東京・渋谷のUNハウス(国連大学ビル)に開設された「UNギャラリー」では、第5回展示として10月10日(水)から2002年1月15日(火)まで「『国連文明間の対話』展~違いを乗り越え、対話の大切さを知ろう~」を開催します。

国連は今年2001年を「文明間の対話年」と定め、対話によって文化の多様性を理解し、平和な世界を築こうと呼びかけています。UNギャラリーではこの国際年の意義を広く知ってもらうため、「危機にさらされている世界遺産」(計30の危機遺産を写真と文章で解説する日本で初めてのもの)と「文明間の対話への模索―アフガニスタン・バーミヤン遺跡の破壊から学んだこと」をテーマに展示を行います。

なお開催にあたり、初日の10月10日(水)午前11時30分よりオープニングセレモニーを行います。今展示の関係者による挨拶に続き、簡単な軽食と飲み物をご用意したレセプションを行いますので、皆様に気軽に歓談に参加して頂ければ幸いです。多くの方にご参加を頂き、「文明間の対話」展へのご理解を深めて頂けるようお待ちしております。

*勝手ながら、参加ご希望の方は別紙ファクス返信用紙にて10月5日(金)までに国連広報センター(FAX: 03-5467-4455)へお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

日時: 10月10日(水)午前11時30分~(約1時間半を予定)
場所: UNハウス2階・レセプションルーム 
〒150-0001 渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル(地下鉄表参道駅、B2出口より徒歩5分)

参加申込書

UNギャラリー「国連文明間の対話」展・オープニングセレモニーとレセプションへ
参加を希望します。

国連広報センター宛て(FAX:03-5467-4455)

お名前
所属名および役職
電話番号
FAX番号

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。