• プリント

アナン国連事務総長、日本企業トップらと意見交換

プレスリリース 06/028-J 2006年05月12日

コフィー・アナン国連事務総長が5月16日(火)から4日間の予定で外務省賓客として来日します。この機会に、「国連グローバル・コンパクト(Global Compact)」に参加する日本の企業経営者らと意見交換を行います。

国連グローバル・コンパクト(以下GC)は、アナン事務総長が1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)の席上で自ら提唱した取り組みで、グローバリゼーションの負の影響を軽減するために、企業に地球市民としての責務を果たすことを呼びかけています。

GCは、参加する世界各国の企業・団体に対して人権、労働、環境、腐敗防止の4分野におけるGCの10原則を支持し、実践することを求めています。貧困との闘い、人権の保護といった国連の掲げる目標の達成に向けて、また、グローバリゼーションのもたらす諸問題に対処するために、国連は世界の企業や市民社会とのパートナーシップを積極的に広げています。

これまでに世界70数カ国の3,000近い企業や団体がこの呼びかけに応じており、日本からは43社と1都市が参加しています(2006年5月現在)。

アナン事務総長は日本のGC参加企業・団体に高い期待を示しており、今会合が率直な意見交換の場となることを望んでいます。また、今後もより多くの日本企業・団体がGCの原則を支持し、国連の取り組みに参加するよう呼びかけます。

日 時: 2006年5月18日(木)午前9:30-(1時間程度を予定)
場 所: 帝国ホテル内 3階 鶴の間
冒頭取材をご希望の方は国連広報センターまでお申し込み願います。
(担当・岸田 Tel: 03-5467-4451)

 
グローバル・コンパクトに関する詳細は、当センターのウェブサイトをご覧ください。

https://www.unic.or.jp/globalcomp/index.htm

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。