• プリント

略連
人道問題担当事務次長にジョン・ホームズ氏

プレスリリース 07/032-J 2007年06月12日

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は2007年1月3日、ジョン・ホームズ卿(英国)を人道問題担当事務次長兼緊急援助調整官に任命すると発表しました。ホームズ氏は2001年10月から、英国の駐仏大使を務めました。 
(*人道問題担当事務次長兼緊急援助調整官に実際に就任したのは2007年3月)

ホームズ氏は英外務省に入省した1973年以来、キャリア外交官として幅広い役割を果たしてきました。入省直後の本省勤務時代には国連を担当していたこともあり、1975年にはニューヨークの英国の国連代表部の一員として、国連総会に出席しました。1976年には二等書記官としてモスクワの英国大使館に赴任。1978年に帰朝後は、レバノンと中東の和平プロセスにかかわり、さらに1982年には外相秘書官補佐として、中東、アフリカ、アジア、ラテンアメリカを担当しました。1984年には一等書記官としてフランスの英国大使館に赴任。経済問題と欧州連合問題を担当しました。

1987年に再び帰朝すると、当時の外務省ソ連部次長に就任。さらに1989年から1991年にかけての2年間は、英国の紙幣印刷会社Thomas De La Rueに出向しました。1991年にはインドの英国大使館に赴任し、政務担当参事官と経済・商務担当参事官を歴任。英国の援助プログラムのほか、経済・商務問題の総括も担当しました。

1995年に再度帰朝後は、外務省欧州連合(対外関係)部長を一時務めた後、当時のジョン・メージャー首相の秘書官(対外問題担当)兼外務顧問に登用。トニー・ブレア政権に移行後の1997年から1999年にかけても、主席秘書官として首相官邸にとどまりました。ホームズ氏はこの時期、英国のG8シェルパ役も務めましたが、特に1998年にはG8の議長国として手腕を発揮。1999年には、特に北アイルランドの和平プロセスと聖金曜日の和平合意(Good Friday Agreement)への貢献を評価され、爵位を授けられました。

パリの赴任に先立ち、1999年から2001年にはポルトガルで大使を務めています。

ジョン・ホームズ氏は1951年、イングランド北部のプレストン生まれ。プレストン・グラマー・スクールとオックスフォード大学のベイリオル・カレッジを卒業。1976年に結婚したペネロペ・モリス氏との間に娘3人。

* *** *

2007年2月9日
  SG/A/1037
  BIO/3839

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。