• プリント

略歴
イブラヒム・A・ガンバリ氏

プレスリリース 07/085-J Rev.1 2007年10月26日

学者であり、外交官でもあるイブラヒム・A・ガンバリ氏は現在、国連事務次長と、イラク国際コンパクトその他の政治問題に関する事務総長特別顧問を兼任しています。事務総長は2007年5月22日、ミャンマーに関する仲介の役割もガンバリ氏に託しました。

ガンバリ氏は2005年から2007年にかけ、政治担当事務次長を務めたほか、国連アフリカ特別顧問(1999~2005年)や事務総長特別代表兼国連アンゴラ・ミッション団長(2002~2003年)としても活躍した経験があります。

国連に加わるまで、ガンバリ氏は母国ナイジェリアの国連常駐代表大使を務めていました(1990~1999年)。また、ナイジェリアの外相(1984~85年)にも起用されたことがあるほか、それ以前にはナイジェリア国際問題研究所長に就任していたこともあります。

ガンバリ氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学士号(1968年)を取得した後、ニューヨークのコロンビア大学で政治・国際関係学修 士号(1970年)と博士号(1974年)を取得。ニューヨーク市立大学、ニューヨーク州立大学オールバニー校、ナイジェリアのザリアにあるアマドゥベロ 大学、ジョンズ・ホプキンス大学国際研究科大学院、ジョージタウン大学、ワシントンDCのハワード大学でもさまざまな教職を歴任しました。また、ワシントンDCのブルッキングス研究所研究員、イタリアのロックフェラー財団センター常駐研究員としての活動経験もあり、研究書や学術論文も数点著しています。

ガンバリ氏は、コネチカット州のブリッジポート大学(2002年)とニュージャージー州のフェアリー・ディキンソン大学(2006年)から人文科学名誉博 士号を授与されました。ジョンズ・ホプキンス大学は2002年、ガンバリ氏を名誉ある研究員会の一員として迎えています。2002年、国民栄誉賞に相当す るナイジェリア連邦共和国勲章(CFR)を受章。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。