• プリント

第20回国連軍縮会議 in さいたま

プレスリリース 08-046-J 2008年08月26日

(2008年8月27-29日、さいたま市)

「第20回国連軍縮会議 in さいたま」が2008年8月27日から29日までさいたま市で開催されます。会議は日本政府、さいたま市の協力の下に国連軍縮部と国連アジア太平洋平和軍縮センターが開催するものです。

今年の会議では「核軍縮、核不拡散と原子力エネルギーの平和的利用:傾向と課題」を全体のテーマとして、NPT体制の課題と克服への取り組み、原子力ルネッサンスと核不拡散、東アジアの安全保障と軍備管理、市民社会との連携といったいくつかの重要な問題を取り上げます。

会議はハナロア・ホッペ国連軍縮部長兼軍縮担当上級代表次席の開会発言に始まり、政府代表、国際機関、学術研究機関、NGOの代表およそ90人が個人の資格で参加します。

1989年から日本で毎年開催されているこの軍縮会議は、国際社会が直面している緊急を要する安全保障や軍縮に関する問題を自由に討論する重要なフォーラムとして広く認識されています。また軍縮会議ではアジア太平洋地域特有の軍縮、核不拡散の問題を討議します。

会議の費用は日本政府による任意の拠出金及びさいたま市によって賄われます。

詳細については、以下にお問い合わせください。
   「第20回国連軍縮会議inさいたま」事務局
   浦和ロイヤルパインズホテル内
   電話:048-827-1191

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。