• プリント

朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の人権問題に関する国連特別報告者による記者会見

プレスリリース 11-002-J 2011年01月19日

朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の人権問題に関する国連特別報告者による記者会見

朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の人権問題に関する国連特別報告者を務めるマルズキ・ダルスマン氏が2011年1月25日(火)から29日(土)にかけて来日し、政府関係者や国連関係者、NGO、拉致被害者家族などからDPRKでの人権状況について情報収集を行う予定です。

ダルスマン氏は1月28日(金)、日本記者クラブにて記者会見を行い、日本での調査を終えた暫定的な報告を行います。同氏はインドネシアの元検事総長で、昨年8月から特別報告者を務めています。

日  時: 2011年1月28日(金) 13:30-14:30

会  場: 日本記者クラブ 10階 ホール
       東京都千代田区内幸町2-2-1 プレスセンタービル
      (Tel: 03-3503-2722)
      【地図】 http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

言  語:  逐次通訳(日英) あり

お問い合わせ:  国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)
なお、本記者会見は報道関係者、国連諸機関、および国連関連NGOを優先させていただきます。
     
**** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。