• プリント

世界保健デー(4月7日)に寄せる
コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

プレスリリース 05/034-J 2005年04月07日

子どもは私たちの未来であり、母親はその守護者です。それでも今年だけで、50万人以上の女性が妊娠や出産中に死亡することになります。5歳になる前にこの世を去る子どもたちも1,100万人近くに及び、そのうちの400万人は、生後1カ月以内に命を失ってしまうのです。こうした死のほとんどは、開発途上国を襲うことでしょう。でも、その多くは予防できるはずです。

『世界保健報告2005:母親と子どもたちの一人ひとりを大切に(The World Health Report 2005 – Make every mother and child count)』では、この注目されることも報じられることも少ない健康の危機に焦点を当てています。母親と子どもを大切にするのは、私たちがすべての人間の命を尊ぶからです。それはまた、母子の健康は健全なコミュニティと国の繁栄の根本だからでもあります。

5年前に「ミレニアム開発目標(MDGs)」を採択するにあたり、全世界の政府は、2015年までに妊産婦の死亡を4分の3減らし、幼児死亡率を3分の2低下させることを約束しました。一部の地域では進歩が見られるものの、改善が滞っている地域もあります。中には、状況が改善するどころか、後退している国々もあります。

世界保健デーはこの問題に目を向ける機会となりますが、それは何よりも、行動を促すための機会です。それはまた、政府、国際援助機関、市民社会、民間セクター、メディア、家族、個人など、すべてのパートナーに対し、母子の生存、健康、そして福祉を目指す持続可能な活動を進展させるよう、一様に呼びかける機会でもあります。今年の世界保健デーにあたり、この任務を遂行する決意を新たにしようではありませんか。