• プリント

菅総理のカーボンニュートラル宣言に関する事務総長報道官の声明(2020年10月26日)

プレスリリース 20-083-J 2020年10月27日

事務総長は、菅義偉内閣総理大臣が2050年までに温室効果ガス排出量正味ゼロの達成を目指すことを発表されたことを、非常に意義深い前向きな動きと受け止め、心を強くするとともに、菅総理のリーダーシップに感謝の念を表明します。

2050年までに持続可能でカーボンニュートラルな、気候変動にレジリエントな世界を構築するため、模範を示して指導力を発揮することを約束する経済大国は、ますます増えています。世界第3位の経済規模を誇る日本は、今回の発表により、このグループに加わることになります。

事務総長は、この目標を達成するために今後提案、実施され、他の国々がそれぞれの戦略を定める際の参考となりうる具体的な政策措置の内容に期待しています。

また、日本が国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP 26)までに、今回の新たな約束に沿った2030年に向けた新しい「自国が決定する貢献(NDC)」を提出することも期待しています。

事務総長は、2050年までに温室効果ガス排出量正味ゼロを達成するために必要な技術的、資金的、工学的ツールが、日本にはすべて揃っていると確信しています。また、日本が再生可能エネルギーの普及に向けた技術援助や、官民の資金供与などを通じ、同じ目標の達成を目指す開発途上国を支援していくことも確信しています。

ステファン・ドゥジャリク事務総長報道官
ニューヨーク、2020年10月26日

* *** *

原文(English)はこちらをご覧ください。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。