• プリント

世界野生生物の日(3月3日)に寄せる アントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ

プレスリリース 19-008-J 2019年02月28日

Image: World Wildlife Day/Mohammed Elnour and Patrick George

海洋生物種は、欠かすことのできない生態系サービスを提供しています。プランクトンは大気中の酸素を補給する一方で、30億人以上が海洋と沿岸の生物多様性に生計と暮らしを依存しています。海洋・沿岸資源と、これによって支えられる産業の価値は少なくとも年間3兆ドルと、全世界のGDPの約5%に上ります。

海洋・沿岸生態系の持続可能な管理と保護は、持続可能な開発目標(SDGs)の目標14のねらいでもあります。海の生き物は現在、気候変動から汚染、沿岸生息地の喪失、さらには海洋生物種の乱獲に至るまで、厳しい圧力を受けています。商業漁業資源の約3分の1は乱獲状態にあるほか、アホウドリからウミガメに至るまで、多くの生物種が海洋資源の持続不可能な利用によって危険にさらされています。

幸いなことに、問題を解決する手段はあります。例えば、漁業が科学的に管理されている海域では、ほとんどの漁業資源に回復の見通しが立っています。絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)は、海洋生物種に関する規制を強化しています。また、生物多様性条約(CBD)は、2020年以降のグローバルな生物多様性枠組みの策定に取りかかっています。

今年の「世界野生生物の日」にあたり、海の生き物の驚くべき多様性と、持続可能な開発に欠かせない海洋生物種の重要性に対する認識を高めようではありませんか。私たちはそれでこそ、将来の世代にこうしたサービスを引き継いでいけるのですから。

* *** *