• プリント

国連デー(10月24日)
コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

プレスリリース 00/104-J 2000年10月24日

親友の皆様

7週間前、皆様の指導者である世界の国家元首および政府首班が国連に集い、ミレニアム・サミットを開催しました。これら首脳は一堂に会し、新世紀に私達すべてが直面する課題を検討した上で、その目標を「ミレニアム宣言」に定めました。

各国首脳は自らの国民を、戦争の惨禍、過酷で非人間的な貧困、そして、ほとんど天然資源の残されていない、汚れた地球に住むという脅威から解放することを誓いました。首脳たちは民主主義と法の支配を促進すること、子どもをはじめとする弱者を守ること、および、アフリカの特殊なニーズに対処することを約束しました。また、これらすべての目標を追求する手段として、国連の実効性を高めることも約束しました。

これらの誓約は私達に希望の光を与えています。しかし、行動が伴わなければ、何も変わることはありません。ミレニアム・サミットが終わった後もなお、中東においては流血事件が再発し、政治的・社会的な不満を放っておくことがどれだけ危険かを、私たちに想起させることになりました。

こうした理由から、私を含め、様々な人々が中東和平プロセスを再開させようと奮闘する一方で、私の同僚たちは国連において、詳細な計画を策定し、世界の指導者がその誓約を遂行するのを助けるべく、懸命な努力を行っているのです。

しかし、最大の責任は指導者自身、そして皆様、すなわち全世界の人々にあります。

各国の指導者は困難な、そして場合によっては不評を買う決定を下さなければなりません。世界の人民である皆様から預かった資源を競合するニーズや需要に配分する際、指導者達はミレニアム宣言に掲げた優先課題を想起する必要があります。

各国首脳はお互いに誓い合ったことを思い出す必要があります。そして、お互いの協力を続けるとともに、議会、地方当局、シンクタンクおよび大学、ボランティア団体、ならびに、民間企業など、国内外の他のパートナーとも手を携える必要があります。

端的に言えば、各国首脳は指導力を発揮する必要があるということです。また、首脳たちは皆様の支援を必要としていますが、それはまさに、国連を構成する皆様の支援なのです。

国連憲章は皆様の名において書かれ、皆様の指導者はミレニアム宣言を発表した際、皆様の声を代弁しました。最終的に、宣言が美辞麗句だけで終わらないようにできるのは、皆様を置いて他にありません。約束が守られることを確実なものとし、新世紀を前世紀よりもよいものとできるかどうかは、皆様の肩にかかっているのです。

ともに手を携えれば、私達は成功を収めることができます。私達に必要なのは勇気、創造力、そして根気だけです。私達がこれらを見出せるよう祈ろうではありませんか。