• プリント

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、岸田外相と会談 (2015年3月15日、仙台)

プレスリリース 15-025-J 2015年03月15日

©UN Photo/Eskinder Debebe

©UN Photo/Eskinder Debebe

第3回国連防災世界会議が開催されるなか、潘基文事務総長は本日、岸田文雄外相と会談した。

潘事務総長は、2015年が国連にとって非常に重要な年であることを強調したうえで、日本が今後も、変容をもたらすポスト2015開発アジェンダ、そして意味のある普遍的な気候変動合意の達成において、指導的な役割を果たし続けるよう期待を表明した。

また、来たる核不拡散条約(NPT)の再検討会議に関して、潘事務総長は軍縮の公約の履行が加速されるよう期待を表明した。

潘事務総長と岸田外相はさらに、クウェートでの開催が予定される支援会合を含めたシリア問題、暴力的な過激主義、国連改革、北東アジアおよび朝鮮半島の情勢について話し合った。

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。