• プリント

3月12日付の The Japan News by the Yomiuri Shimbun に潘事務総長の寄稿文掲載

2014年03月12日

3月12日付の The Japan News by the Yomiuri Shimbun に、シエラレオネに関する潘基文(パン・ギムン)事務総長の寄稿文 “From ashes of war, seeds of peace” が掲載されました。

国連シエラレオネ統合平和構築事務所(UNIPSIL)がこのたび正式に任務を終え、その責任が国連の国別チームに引き継がれました。事務総長は首都フリータウンで記者会見し、シエラレオネのケースが紛争後の復興、平和維持、平和構築の活動で最も成功している事例であると述べています。

記事はこちらからご覧ください。

http://the-japan-news.com/news/article/0001105907

UNIPSIL の任務終了にあたり、潘事務総長はシエラレオネのコロマ大統領に、PKOの象徴であるブルーヘルメットを手渡した©UN Photo/Eskinder Debebe
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。