• プリント

10月24日付 読売新聞に、中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表の寄稿が掲載されました

2020年10月24日

10月24日付 読売新聞に、中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表の寄稿が掲載されました。

創設75周年に際して国連が実施したグローバルな意識調査や民間シンクタンクによる調査結果を踏まえ、マルチ(多国間)協力の重要性を改めて訴えるとともに、世界がコロナ禍に直面する今こそ、「分断を乗り越え、連帯して復興を成し遂げる」ため、日本がマルチ協力へのリーダーシップを発揮してほしいと期待を寄せています。

寄稿は国連創設75年関連記事とともに掲載され、以下からご覧いただけます。

「多国間協力 主導期待」 事務次長・軍縮担当上級代表 中満泉氏寄稿(読売新聞オンライン)
https://www.yomiuri.co.jp/world/20201023-OYT1T50315/

Japan’s favorable image of UN wanes rapidly (Japan News by the Yomiuri Shimbun)
https://the-japan-news.com/news/article/0006881560

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。