• プリント

10月24日付 ジャパンタイムズに、国連デー特集記事が掲載されました

2020年10月24日

YOSHIAKI MIURA

10月24日付 ジャパンタイムズに、国連デー特集記事が掲載されました。

国連は本日、創設から75周年を迎えます。20世紀前半に二度にわたる世界大戦を引き起こしてしまったことへの猛省の中から、1945年10月24日に国連憲章の発効により国連が誕生しました。

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行という試練に直面し、また大国間の対立が目立つ中、気候危機をはじめとするグローバル課題に対処するには、国際協調やマルチラテラリズム(多国間主義)が今こそ求められています。

75周年の節目の年にあたり、世界保健機関(WHO)のユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)親善大使を務める武見敬三参議院議員と根本かおる所長が対談を行い、国連が直面する課題、マルチラテラリズムの再活性化には何が必要かを議論します。対談記事はこちらからご覧いただけます。

このほか特集記事では、国連デーに寄せるアントニオ・グテーレス事務総長メッセージ、デイビッド・マローン国連大学学長による寄稿も掲載されています。こちらからご覧ください。

 

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。