• プリント

5月2日付 日経電子版とNikkei Asian Reviewに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する事務総長の寄稿が掲載されました

2020年05月02日

5月2日付 日経電子版とNikkei Asian Reviewに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が女性に与える影響に関するアントニオ・グテーレス国連事務総長の寄稿が掲載されました。

この中で事務総長は、COVID-19パンデミック(世界的大流行)がさまざまな形での不平等を露呈させていると指摘。とりわけジェンダー不平等は、長期にわたって女性の健康や権利、自由に影を落とすことにより、私たちの社会全体に負の影響をもたらすと警鐘を鳴らしています。

それぞれの記事は以下からご覧いただけます。

「女性の権利守り 強靭な社会を」(日経電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58758570S0A500C2W11600/

UN Secretary-General: COVID-19 risk to women ‘could harm us all’ – Nikkei Asian Review
https://asia.nikkei.com/Opinion/UN-Secretary-General-COVID-19-risk-to-women-could-harm-us-all2

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。