• プリント

1月22日付 毎日新聞「そこが聞きたい」に、平和活動担当国連事務次長へのインタビュー記事が掲載されました

2019年01月22日

1月22日付の毎日新聞「そこが聞きたい」に、ジャン・ピエール・ラクロワ国連事務次長(平和活動担当)へのインタビュー記事「転機の国連PKO」が掲載されました。

グテーレス国連事務総長は昨年3月、「PKOのための行動(A4P)」イニシアチブを立ち上げ、開始70年になる国連平和維持活動(PKO)の改革への取り組みが始まっています。複雑な紛争や行き詰まった和平プロセス、多国籍テロの激化など、PKOを取り巻く困難な課題に、国際社会とともにどう改革を進めていくか。ラクロワ事務次長が現状を語ります。

記事はこちらからご覧いただけます。
https://mainichi.jp/articles/20190122/ddm/005/070/002000c

【関連記事】
「PKOのための行動(A4P)」イニシアチブに関するUN News記事(日本語訳)

©UN Photo/Loey Felipe
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。