• プリント

1月17日付 朝日新聞「私の視点」に、グローバル・コミュニケーション担当国連事務次長による寄稿「持続可能な社会へ 東京五輪の重要な役割」が掲載されました

2019年01月17日

1月17日付の朝日新聞「私の視点」に、アリソン・スメイル国連事務次長(グローバル・コミュニケーション担当)による寄稿「持続可能な社会へ 東京五輪の重要な役割」が掲載されました。

国連と東京2020組織委員会は昨年11月、「東京2020大会を通したSDGsの推進協力に関する基本合意書」に署名。気候変動、資源管理、多様性、人権などSDGsの掲げるゴールと重なる部分の多い組織委の「持続可能性に配慮した運営計画」を礎に、東京2020大会が持続可能な社会の実現に向けた機会となることに大きな期待を寄せています。

記事はこちらからご覧いただけます。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13851779.html

©UN Photo/Mark Garten
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。