• プリント

国連広報担当事務次長による講演会のお知らせ

プレスリリース 05/027-J 2005年03月04日

国連広報担当事務次長を務めるシャシ・タルール(Shashi Tharoor)氏(インド)が3月中旬に来日し、イラク復興、国連改革など現在国連が取り組んでいる多様な活動について政府関係者と意見交換を行います。この機会に、日本の皆さまに国連への理解を深めていただきたいと願い、以下のとおりタルール氏による講演会を開催いたします。

 

講演会「60周年を迎える国連のもつ意味」
日  時: 2005年3月15(火)16~17時
会  場: エリザベス・ローズ・ホール(UNハウス5階)
渋谷区神宮前5-53-70 地下鉄表参道駅、B2出口より徒歩5分)
地図:http://www.unu.edu/hq/japanese/access/index.html
通  訳: あり(日英)予定

 

参加希望者は以下に必要事項をご記入の上、3月14日(月)までにファクスで国連大学・講演会係あて(Fax:03-3499-2828)までお申込みください。

シャシ・タルール氏の略歴

2001年1月より国連広報担当事務次長を務める。国連のコミュニケーション戦略を担当し、外部に向けて国連の一貫した効果的なメッセージを送る責務を担う。過去に事務総長室のコミュニケーション・特別プロジェクト部長、および事務総長の上級アシスタント(1997-2001年)、平和維持活動担当事務次長の特別補佐(1989-1996年)など。1998年1月、スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラムで、「明日の世界的リーダー」の1人に選ばれる。1956年ロンドン生まれのタルール氏は、インドとアメリカで教育を受け、タフツ大学で2つの修士号を取得したあと、1978年に同大学フレッチャー法・外交学部で博士号を取得。

参加申込書(PDF 22KB)