• プリント

若者の軍縮への関与のための専用デジタル・プラットフォーム開設(国連軍縮部プレスリリース・日本語訳)

プレスリリース 20-073-J 2020年10月01日

ニューヨーク、9月23日(国連軍縮部)- 軍縮は「将来の世代を戦争の惨禍から救う」という目標をもって、国連憲章に規定された集団安全保障システムの中心的な要素です。

世代を越え、地球上で暮らすあらゆる人には、私たちの共通の未来のために果たすべき役割があります。国連総会は昨年「若者と軍縮、不拡散」に関する決議74/64を採択することにより、若者が平和と安全の持続に果たせる重要なプラスの貢献をあらためて確認しました。若者はプラスの変革をもたらす主体であるという、この重要な認識からの1周年を迎えたことを記念して、韓国政府からの寛大な資金供与を得て、軍縮部は、若者が軍縮に関与できる専用のデジタル・プラットフォームをwww.Youth4Disarmament.orgに開設しました。

このウェブサイトは、国連事務総長が「軍縮のためのアジェンダ」で述べた約束を果たすとともに、軍縮と不拡散の問題に関し、若者の有意義で包摂的な参加とエンパワーメントを促進するよう、総会が事務総長に行った要請に応えるものとなっています。

この新しい専用デジタル・プラットフォームにより、若者が軍縮の進展に有意義に貢献できる空間が生まれます。メールマガジンや研修プログラム、就業機会その他の資源を提供することにより、若者の関与、教育およびエンパワーメントを図ります。軍縮部は#Youth4Disarmamentのアウトリーチ・イニシアチブを通じて引き続き、様々な地域に暮らす若者を専門家とつなげ、現状の国際安全保障の課題や国連の活動、積極的な参加方法について学べるようにしていきます。

さらに詳しい情報は、www.Youth4Disarmament.orgをご覧ください。

お問い合わせ先:Soo Hyun Kim, Political Affairs Officer, kim12@un.org

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。