• プリント

ヴォルカン・ボズクル第75回国連総会議長(略歴)

2020年09月15日

Photo: UN Website

国連総会は2020年6月17日、ヴォルカン・ボズクル氏(トルコ)を2020年9月から2021年9月にかけて開催される第75回総会の議長に選任しました。

アンカラ大学法学部を卒業したボズクル氏は1972年、トルコ外務省に入省しました。外交官として39年に及ぶキャリアを誇り、トルコ欧州連合(EU)常駐代表、駐ルーマニア大使、駐ニューヨーク総領事、経済協力開発機構(OECD)常駐代表部参事官、在イラク大使館一等書記官、在シュトゥットガルト副総領事などを歴任しています。また、トゥルグト・オザル首相の外交政策顧問、トゥルグト・オザル、スレイマン・デミレル両大統領の官房長官および外交政策顧問長、EU問題担当外務次官補、EU問題担当事務局長にも起用されたことがあります。

2011年、国会議員選挙で初当選したボズクル氏は、その後3回の国会議員選挙でも当選。国会議員としての9年間にわたる任期中には、外交委員長、トルコ・米国友好議員団議長、トルコ・ロシア市民フォーラム共同議長を歴任しています。また、2014年から2016年にかけては、EU問題担当大臣兼交渉責任者を務めました。2018年には、4度目のトルコ大国民議会外交委員長に選任され、その任期中には、トルコ・オーストラリア友好議員団の議長も務めています。

ボズクル氏は、ルーマニア星勲章、イタリア共和国功労勲章「勲爵士」号、アゼルバイジャン共和国外務省建国100周年記念メダルを受章しています。既婚で子ども2人、孫娘3人。

* *** *

原文(English)はこちらをご覧ください。

 

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。