• プリント

ハローキティの「#HelloGlobalGoals」グローバル・ビデオ・シリーズに 5つの国連機関が協力します!

プレスリリース 19-101-J 2019年11月20日

国連と株式会社サンリオのハローキティは、今年9月ニューヨークの国連本部で、持続可能な開発目標(SDGs、エス・ディー・ジーズ)をグローバルに推進していくことを目指して広報面で協力していくことを発表しました。この協力によって、ハローキティがSDGsの17の目標のうち6つを取り上げ、これを「#HelloGlobalGoals」グローバル・ビデオ・シリーズとして紹介することになりました。https://www.unic.or.jp/news_press/info/34846/

ハローキティが取り上げるSDGsは、目標3「すべての人に健康と福祉を」、目標4「質の高い教育をみんなに」、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」、目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標14「海の豊かさを守ろう」の6つです。

これら6つの目標に深い関わりを持つ5つの国連機関【国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)、国連人口基金(UNFPA)、国連児童基金(UNICEF)、国連女性機関(UN Women)】が今後、ハローキティのグローバル・ビデオ・シリーズのコンテンツ制作をサポートしていきます。これらの国連機関は、ハローキティが専門家と話し合ったり、世界の様々な国連プロジェクトを訪問することを側面支援していきます。

「世界子どもの日」である11月20日に、グローバル・ビデオ・シリーズの第一弾として、UNICEFが協力して作成された動画が公開されました。

日本語版はこちら:https://youtu.be/2MJNlgIfdWU
英語版はこちら:https://youtu.be/JbGheQqb6tM

 

国連広報センターの根本かおる所長は「様々な国連機関が連携して、ハローキティと一緒にSDGsの関心の輪をグローバルに広げられることは素晴らしいことです。日本のソフトパワーの代名詞とも言えるハローキティとチームを組めることにわくわくしています」と語っています。

さらに、ハローキティからは「国連のみなさんのサポートのもと、世界では何が起きていて、SDGs達成のためにどんなことが行われているのか、動画を通して広く発信していきたいです。これから世界中のみんなと一緒に、SDGsについて考えていけたらと思います」というメッセージが届いています。

コラボレーションに向けて、それぞれの国連機関の駐日事務所の代表は以下のコメントを寄せています。

「UNDPは持続可能な未来のため、170の国や地域で保健、ジェンダー、環境・気候など様々な取り組みを進めています。SDGs達成への道のりがまだ遠い中、世界中の人の心を掴むハローキティの協力は百人力です。一緒にアクションを起こしましょう」

-近藤哲生 UNDP駐日代表

 

「世界がSDGsを通じてより健全な地球を目指す今、政策と行動をよりよく変えようと呼びかける上で肝心なのは革新と創造性。大陸、世代、言語を超えた人気を誇るハローキティと一緒に取り組むことで、UNEPのメッセージに創造性、親しみ、遊びゴコロが加わることにワクワクしています」

-キース・アルバーソン UNEP-IETC所長

 

「キティちゃんには世界中を旅して『平和でみんな仲良し』のメッセージを発信してほしい。紛争、災害、格差、貧困、差別などで、命や健康を守ることができない人々がたくさんいます。ロヒンギャ難民女性のためのセーフスペースを訪れたら、みんなを元気にしてね」

-佐藤摩利子UNFPA東京事務所長

 

「UNICEFは保健、教育、ジェンダーなど、多くの目標の達成に向かって世界中で活動しています。国内でも、日本ユニセフ協会がSDGs教育の普及や“子どもにやさしいまち”事業を推進。暴力根絶のための国の行動計画策定にも参加しています。キティちゃんの力を借りて、SDGsをより多くの人たちに知ってもらえることを期待します」

-木村泰政 UNICEF東京事務所代表

 

「UN Womenは世界中のキティちゃんのファンと繋がり、持続可能な開発目標、特に目標5である「ジェンダーの平等とすべての女性と女児のエンパワーメント」のための対話をし、世界を変えるために行動できることをとても楽しみにしています」

 -石川雅恵 UN Women日本事務所長

 

お問い合わせ:  国連広報センター(Tel: 03 5467 4451)

©1976, 2019 SANRIO CO., LTD. 著作 株式会社サンリオ

* *** *