• プリント

STAND UP TAKE ACTION  10月18日(土)開催
メイン・イベントに参加して、スタンド・アップ!

プレスリリース 08-057-J 2008年10月09日

STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ・テイク・アクション=以下SUTA)は、国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成をめざして行う世界同時アクションです。今年は10月17日(金)から19日(日)までの3日間に、世界の人々が立ち上がり(もしくはそれに準じた動作で意思を表し)、MDGsを達成するよう求め、開発途上国および先進国双方の政府に行動を促します。

日本におけるSUTAは、「GCAP(貧困をなくすために活動する世界最大のNGO連合体)」のメンバーであるNGOによって構成された SUTA実行委員会と 国連広報センター(UNIC)の共催で行われます。

SUTAに参加する一つの方法が、10月18日(土)に東京・渋谷のUNハウス(国連大学本部ビル)で開催されるメイン・イベントです。貧困をなくすための第一歩を、一緒に踏み出してみませんか。メイン・イベントに参加してくださった全員に、「MDGsブック・マーク」(しおり)をプレゼントします。

●第1部: トーク・ライブ~世界の貧困をなくすためにできること~ ≪要事前申込≫
・ 日 時: 10月18日(土)午後2時~3時
・ 場 所: UNハウス(国連大学)2階 
        レセプション・ホール(東京都渋谷区神宮前5–53–70)
・ 交 通: JR渋谷駅から徒歩10分、
       東京メトロ表参道駅B2出口(銀座線・半蔵門線・千代田線)から徒歩5分。
・ スピーカー: 国連広報センター妹尾靖子、
          元青年海外協力隊エイズ啓発シンガー山田耕平氏、
          オックスファム・ジャパン山田太雲氏、
          ハンガー・フリー・ワールド冨田沓子氏、
          日本アフリカユースネットワーク山崎美緒氏、
          YDP Japan Network 荻野亜純氏、
          第2部アフリカンごみ拾い発起人ワッタラ・アマドゥ氏他

【お申込方法】

メール件名を【SUTAトーク参加】として、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)ご連絡先を明記の上、
10月16日(木)までに SUTAafrica@gmail.com までご連絡ください。定員に達した場合はその旨ご返信します。

●第2部: STAND UP TAKE ACTION! ~アフリカンごみひろい編~ ≪当日飛び入り参加大歓迎!≫
・ 日 時: 10月18日(土)午後3時~4時半
・ 場 所:国連大学前に午後3時集合
人文字を作って“スタンド・アップ”。
その後、午後4時半まで渋谷駅に向かってごみを拾いながらウォークします。ケニア出身のミュージシャン、ハドソン・ウェレ氏も登場し、生命力溢れるヴォーカルで、アフリカから世界に届けるメッセージを歌って盛り上げてくれます。
・ 協 力:GoodDay  ** 可能な方は軍手をお持ちください!

このキャンペーンは、立つことで貧困をなくす力になれる “最もシンプルな世界貢献” です。

世界の人々と連携したSUTAに、ぜひご参加下さい。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。