• プリント

10/8(月・祝)開催 「国際ガールズ・デー」記念イベントのご案内

プレスリリース 12-043-J 2012年09月04日

「国際ガールズ・デー」記念イベント
スタンド・アップ テイク・アクション2012
~Girl’s Impact — ガールが世界を変える~

世界の国々、とりわけ開発途上国では女子(18才未満)の多くが経済的、文化的な理由により学校に通えず、10代前半での結婚を余儀なくされ、貧困の中で暮らしています。また先進国においても、女子には様々な社会的制約が存在します。しかし、適切な教育と支援を受けることができれば、彼女たちの可能性は無限に広がり、未来は大きく変えられるのです。こうしたことから、国際社会は女子の持つ可能性に注目し、2011年12月、国連総会において10月11日を「国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)」と定めました。

記念すべき第1回の国際ガールズ・デーを迎えるにあたり、国連広報センターは10月8日(月・祝)、東京・渋谷の国連大学においてNGOと共に関連イベントを開催します。イベントを通して、女子のエンパワーメントが国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に不可欠であることを知っていただくと共に、世界中の女子が自らの可能性を認識し、自分自身の手で未来を切り拓くという意識を高めてもらうことを目指します。

イベントは二部構成で行われ、第1部のセミナーでは「国際ガールズ・デー」の制定に尽力した国際NGOプランから、制定までの道のりと開発途上国における女子への支援の現状を報告。また、ガールスカウト日本連盟からは、日本の女子が抱える問題をお聞きします。

第2部の屋外イベント「スタンド・アップ テイク・アクション(SUTA)」では、尚美ミュージックカレッジ・ダンス学科所属の女子学生約40名がダンス・パフォーマンスを披露。セミナー参加者も交え、MDGsの達成を目指してスタンド・アップを実施します。

日時: 2012年10月8日(月・祝)13:00-15:00

場所:
第1部 セミナー 国連大学本部ビル3階 ウ・タント国際会議場
第2部 スタンド・アップ テイク・アクション 国連大学 屋外スペース

言語・定員・参加費:日本語、定員(第1部セミナー)360名、参加無料

主催:国連広報センター(UNIC)公益財団法人プラン・ジャパン、公益社団法人ガールスカウト日本連盟、動く→動かす

後援:内閣府男女共同参画局、「なんとかしなきゃ!プロジェクト」

協 力:学校法人尚美学園 尚美ミュージックカレッジ専門学校

申込み:参加ご希望の方はEメールでプラン・ジャパン(event@plan-japan.org)までお申込み願います。件名を「10/8 ガールズ・デー イベント」とし、①名前(ふりがな)②所属(団体名・肩書き、または学校名・学年)③連絡先(電話番号およびメールアドレス)を明記の上お申し込みください。
*第1部セミナーについては、定員になり次第締め切りとなりますので、お早めにお申し込み願います。

お問い合わせ:
・プラン・ジャパン(Tel: 03-5481-0030/平日9:00-17:30)またはE-mail: event@plan-japan.org
・国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)

プログラム(予定)

第1部:13:00-14:20 「国際ガールズ・デー」セミナー

登壇者(予定)
・山下真理 国連広報センター所長
・ティプケ・バーグスマ プラン国際本部 副CEO
・バギャシリ・デングル プラン・インド エグゼクティブ・ディレクター
・ガールスカウト日本連盟Stop the Violenceキャンペーン委員会メンバー

第2部:14:30-15:00 スタンド・アップ テイク・アクションの実施

-関連資料

「国際ガールズ・デー」の国連総会決議(A/RES/66/170)日本語訳

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。