• プリント

国連パレスチナ難民救済事業機関 グランディ事務局長による講演会のご案内

プレスリリース pr12-036-J 2012年07月31日

パレスチナ難民に対する支援を実施する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のフィリッポ・グランディ事務局長(イタリア)が、8月8日(水)から8月10日(金)にかけて来日する予定です。UNRWAと日本の連携を深め支援を強化すると共に、パレスチナ難民に対する日本の皆さまの理解の促進を目的としています。

訪日中、グランディ事務局長は日本政府関係者との協議をはじめ、激変する中東情勢の中でのパレスチナ難民への影響と日本の役割をテーマにした講演会、メディアとの個別インタビューなどを予定しています。詳細は以下をご覧ください。

中東情勢講演会
「日本-UNRWA、変動する中東におけるパレスチナ難民」

日時:2012年8月8日(水)16:00-18:15
【15:30 開場、18:30-19:30 イフタールレセプション(要予約)】

会場:上智大学四谷キャンパス 二号館17階
【地図】http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

言語・入場料: 英語(同時通訳あり)、参加無料

共催:国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)、上智大学、(財)中東調査会、国際協力機構(JICA)

出席者(予定):フィリッポ・グランディUNRWA事務局長、私市正年上智大学外国語学部教授、立山良司防衛大学校教授、外務省、緒方貞子JICA特別顧問、有馬龍夫 中東調査会理事長(MC)

申込み:レセプションへのご参加の有無を記載の上、中東調査会宛てにメールでお申込み下さい(E-mail: mideastij@hotmail.com

問い合わせ:中東調査会 (Tel: 03-3371-5798 担当・中島/江崎)

*来日中のグランディ事務局長へ個別取材をご希望の報道関係者は、以下までお問い合わせ願います。

— Nozomu KAMIYA (Mr.)
Senior External Relations and Projects Officer UNRWA — United Nations Relief and Works Agency for Palestine Refugees in the Near East
Phone: +972 (2) 589 0242 / Mobile: +972 (54) 240 2636 / Fax: +972 (2) 589 0427
E-mail: n.kamiya@unrwa.org

*滞日中の連絡先(8月6日から使用) Mobile: 090-2436-6047 / E-mail: nkamiyajp@docomo.ne.jp

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。