• プリント

国連報告書 ― より複雑・活発化するアジア地域の移住者の密航

2015年04月29日

国連薬物犯罪事務所(UNODC)はタイの首都バンコクで4月28日、移住者の密航に関する画期的な報告書を発表しました。

移住者の密航は、アジアにおいて大きな脅威となっています。犯罪者グループは年間20億ドル規模の利益を手にする一方、移住を試みる人々は死に直面したり、人権侵害を受けたりしている、と報告書は警鐘を鳴らしています。

プレスリリース(英文)はこちらをご覧ください。報告書の全文をダウンロードすることが可能です。

* *** *