• プリント

国連職員による夏休み特別課外授業開催

プレスリリース 01/58-J 2001年08月01日

「国連をもっと知ろう、世界をもっと知ろう」

国連広報センターは他の国連機関(国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)/国際労働事務局(ILO)/世界銀行(World Bank)とNGO(難民を助ける会/日本ユニセフ協会/インターバンド)の協力を得て、今年初めての試みとして国連職員と専門家による小・中学生向けの「夏休み特別課外授業」を8月22日(水)と24日(金)の二日間限り行います。

小・中学生たちの夏休みの宿題である「自由研究」にもっと国連の活動(難民、児童労働、地雷、小型武器等)を取り上げてもらい、世界の出来事をやさしく説明し、大いに国際社会に関心を持ってもらおうという企画です。

自由研究がまだ終わっていない人、将来国連職員になりたいなあと思っている人、国際社会の様々な問題に関心のある人はぜひ、ご参加ください。出来れば小学生は高学年であること、行き帰りに責任をもって下さる方が一緒であることが望ましいです。また、事前申し込みが必要です。

日時:2001年8月22日(水)午前の部(定員30名)
             午後の部(定員30名)
   2001年8月24日(金)午前の部(定員30名)
              午後の部(定員30名)
場所:UNギャラリー(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70 UNハウス 2階)
最寄り駅:地下鉄「表参道駅」B2出口から徒歩5分/JR渋谷駅宮益坂方面へ
     徒歩10分/子どもの城の隣)

費用:無料 (ただし、筆記用具持参) 
申込先:国際連合広報センター 03-5467-4451(電話)
                     03-5467-4455(ファックス)
なお、スケジュールの詳細に関しては、国連広報センター(坊下)までお問い合わせください。
                   * *** *

 
国連職員による特別課外授業参加申込書

参加ご希望の日時に○印をつけて下さい。

1.  8月22日(水)午前の部

2.  8月22日(水)午後の部

3.  8月24日(金)午前の部

4.  8月24日(金)午後の部

参加者氏名             男         女

年齢と学年

学校名

住所 〒

電話番号

Fax番号

ファックス送付先  03-5467-4451
国際連合広報センター:担当 坊下隆子(ぼうげたかこ)

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。