• プリント

UNギャラリー、第20回渋谷スタンプラリーに初参加

プレスリリース 03/053-J 2003年06月18日

UNギャラリー(東京・渋谷 UNハウス内)は、このたび初めて「渋谷スタンプラリー~マジカルタウン探検隊」に参加することになりました。スタンプラリーは、渋谷駅周辺にある参加施設(NHKスタジオパーク、たばこと塩の博物館、電力館、こどもの城、東京都児童会館、そして2003年からUNギャラリーが新たに参加)の各々の特徴と夏休みの催事を、特に子どもを対象として行っています。子どもたちの健やかな育成を目的としたスタンプラリーは、今年で第20回を迎えます。期間中には毎年、各館延べ10万人もの人が訪れ、夏休み恒例の行事として定着しています。
 
 UNギャラリーは2001年4月にUNハウス(国連大学本部ビル)の1階と2階にオープンし、以来、国連の諸機関とその活動を様々な展示を通して紹介してきました。日本は今年を「アフリカ年」と定め、秋に開催されるアフリカ開発会議(TICAD III)に向けて各地でアフリカ関連イベントが計画されています。UNギャラリーにおいても、まだまだ理解されていない本当のアフリカの姿を知っていただくために、「5つのアフリカ物語~アフリカの自然と文化展~」と題した展示を7月20日(日)から8月31日(日)まで開催します。多様なアフリカの姿を自然と文化の観点から、夏休みの子ども向けに紹介する予定です。
 
 今回、UNギャラリーがスタンプラリーに参加することにより、日頃UNハウス(「国連の家」の意)に足を運ぶことのない方々を含め、多くの皆様に国連の活動や生きたアフリカをご紹介し、理解していただければと考えています。
 
 
●UNギャラリーに関するお問い合わせ
  国連広報センター 薬袋(みない) 電話:03-5467-4451
 
●渋谷スタンプラリーに関するお問い合わせ
  渋谷スタンプラリー事務局(東京都児童会館 事業係)
  渋谷区渋谷1-18-24  電話:03-3409-6361

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。