• プリント

UNギャラリー
Rice is Life -おコメでつながる世界展-

プレスリリース 04/056-J 2004年07月02日

7月17日(土)スタート!

 2004年は国連の定めた「国際コメ年」です。コメが世界人口の半数以上の主食であることに着目し、食糧安全の確保と貧困の撲滅においてコメの果たす役割を考え直すきっかけにすることが目的です。世界各国でコメに関するさまざまなイベントが行われる今年、東京・渋谷にあるUNハウスのUNギャラリーでは、「Rice is Life -おコメでつながる世界展-」を開催します。
 「おコメでつながる世界展」では、コメの果たす重要な役割をパネルや実物展示を通して紹介します。このほか、稲わらを使った手作りアートを体験するアグリクラフト・コーナー、香り米(アロマライス)の体験など、実際に参加して楽しめる企画も満載しています。
 なお、UNギャラリーは昨年に引き続き、「渋谷スタンプラリー」に参加し、夏休み期間中の子どもたちの来場をお待ちしています。

期 間: 2004年7月17日(土)~8月31日(火)※毎週日曜日・休館
時 間: 10:00~17:00(入場は16:30まで)
場 所: UNギャラリー (UNハウス1、2階)
渋谷区神宮前5-53-70(地下鉄表参道駅、B2 出口より徒歩5分)
主 催: 国際連合広報センター、国際連合大学
後 援: 農林水産省、国際コメ年日本委員会、国連食糧農業機関(FAO)日本事務所
入場料: 無料

 

うれしいプレゼントも!

毎週土曜日には日本各地のおいしい米(小袋入り約300グラム)を、先着200名様(1家族2袋まで)にプレゼント。また、ギャラリーに展示したパネルを読んでクイズにチャレンジすると、全問正解者の中から毎日先着30名に、コメをテーマにした国際稲研究所の絵本『グレインデル』が当たります。さらに、ニューヨークの国連本部で人気の顔写真付き国連切手が、期間限定で登場します。どうぞお楽しみに!

展示に関する詳細は国連広報センターのホームページをご覧ください。
<問い合わせは担当:薬袋(みない)まで>


国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。