• プリント

シリア危機と国連の対応【ウィークリー・アップデート第55号】8/13付資料

2014年08月16日

国連広報局(DPI)は、シリア危機への国連の様々な対応をまとめた資料を週に一度発表しています。以下はその日本語訳です。

*  * * * * * * * * *

ウィークリー・アップデート

国連広報局(DPI)第55号/2014813 

◆事務総長:「イスラム国」はイラク、シリア、地域全体の脅威

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長812、国連本部で記者団に対し、いわゆる「イスラム国(IS)」がイラク、シリアだけでなく、地域全体の脅威になっているとして、次のように述べました。「私は少数者の人々、および『IS』と関連の武装集団の過激なイデオロギーを拒む人々に対する組織的な迫害を、可能な限り強い言葉で非難します」。事務総長は、ヤジディ教徒その他少数者の国内避難民が悲惨な状況に置かれていることを指摘しつつ、国連がこの地域に人道援助要員を派遣し、できる限りの食料と水の配給を行っていることを明らかにしました。事務総長はまた、国際社会に対し、イラクのシンジャル山地に取り残されている民間人を保護すべく、さらに取り組みを強化するよう訴えました。

-記者会見での事務総長の発言は以下をご覧ください。

http://www.un.org/apps/news/infocus/sgspeeches/statments_full.asp?statID=2320#.U-pcpGN5Dkc

 

WFP事務局長がダマスカスの食料援助活動を視察、シリア北東部のイラク難民増加に懸念を表明

アーサリン・カズン世界食糧計画(WFP)事務局長812、ダマスカスを訪れ、WFP職員や政府高官と会談したほか、WFP食料配給センターの視察も行いました。WFPはこの数週間、戦線、国境越えの食料供給アクセスの改善により、立入困難な包囲地域の人々に対する援助を拡大するなど、シリアでの活動を大きく前進させています。7月には、立入困難な包囲地域に暮らす30万人以上が、戦線越えの援助車両によってWFPから食料の配給を受けていますが、この数は6月に同じく戦線越えの車両で援助を受けた人々の2倍にあたります。しかし、苦難が続くシリア北東部のハサカ県ではすでに、隣接するイラクのシンジャル山地での暴力を逃れた人々の流入が始まっています。

「家を追われた家族がシリアの、すでに戦争と干ばつに苦しむ地域に流入する中で、私たちはもう一つの人道的悲劇に直面しつつあります。ハサカ県への供給路はしばらくの前から通行不能になっているため、この地域への立ち入りは極めて難しくなっています」。カズン事務局長はこのように述べています。WFPは3,000人以上を対象にインスタント食品の配給を開始していますが、今後も緊急のニーズ増大に対応し、さらに多くの食料の空輸を計画しています。

-WFPによるプレスリリースは以下をご覧ください。

http://www.wfp.org/news/news-release/sddf

 

◆サリン前駆物質の破壊を米国船上で完了

化学兵器禁止機関(OPCW)は813、7月上旬にシリアから搬出し、米国船籍の「ケープ・レイ」号に積み込んだサリン・ガスの前駆化学物質がすべて、同船上で中和技術を用いて破壊されたと発表しました。この破壊作業はOPCWの査察チームが継続的に監視しました。「ケープ・レイ」号は現在、船内に唯一残っている硫黄マスタード(びらん剤)19.8トンの中和作業に取りかかっています。

-OPCWによるプレスリリースは以下をご覧ください。

http://www.opcw.org/news/article/us-completes-destruction-of-sarin-precursors-from-syria-on-the-cape-ray/

 

UNFPA:シリア危機は女性と女児に最も深刻な打撃

国連の最新推計によれば、中東地域全体に広がるシリア危機の影響は、女性と女児を直撃しています。シリアでの緊急事態による被災者は約1,080万人に上りますが、その中には妊婦43万2,000人が含まれています。国連人口基金(UNFPA)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)およびトルコ首相府災害緊急事態対策庁の7月のデータによると、近隣国のエジプト、ヨルダン、イラク、レバノン、トルコには約300万人のシリア難民が流出していますが、うち7万6,000人が妊婦と見られています。たとえ紛争地帯を逃れることができたとしても、女性と女児は依然として厳しい状況に置かれています。UNFPAとパートナーは、子どもの結婚の危険性に対する認識向上、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)サービスの提供、さらには虐待や暴力の被害者に対する支援を通じ、家族への援助を拡大しています。

-UNFPAによるプレスリリースは以下をご覧ください。

http://www.unfpa.org/public/cache/offonce/home/news/pid/18217;jsessionid=0DB0B740F5636099D3328A29BEB88E8A.jahia02

 

OHCHR報告書、アレッポ中央刑務所収容者の悲惨な状況を明らかに

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は812、反体制派武装集団による1年に及ぶ包囲攻撃中に、アレッポ中央刑務所の抑留者と受刑者が受けた「筆舌に尽くしがたい苦痛」を裏づける報告書を発表しました。OHCHRによると、被収容者は政府職員のほか、いくつかの反体制派武装集団によっても深刻な人権侵害と虐待を受けており、最近になって他の抑留場所に移送されてからも、悲惨な状況に置かれているものと見られています。アレッポ刑務所から移送された政治犯の抑留者と受刑者の中には、行方不明となっている人々も多くいます。OHCHRは報告書の中で、こうした政治犯の安全と健康に対する懸念を表明しました。また、報告書によると、2013年12月から2014年3月にかけ、少なくとも30人が餓死したと伝えられています。OHCHRは、刑務所の敷地内に埋葬場所があるとする衛星画像分析の結果も受け取っています。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=14938&LangID=E

 

ネットとラジオの主な国連ニュース記事:

UNHCR、レバノンのシリア国境の町を逃れた数百人に援助を提供

レバノンで暴力が激化する中、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)とそのパートナーは、北東部のベッカー渓谷で、シリア国境付近の町アルサルを逃れたレバノン、シリア双方の難民に人道援助物資を配給しています。 アリアンヌ・ラメリー報道官は8月8日、UNHCRがレバノン政府その他のパートナーと連携し、衛生・ベビー用品やマットレス、毛布、パン、缶詰などの人道援助物資を難民に提供していることを明らかにしました。

http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=48450

 

国連ソーシャル・メディア・プラットフォームに投稿されたメッセージ:

国連ツイッター・アカウント:

 

#Syria: @WFPの食糧援助、7月は計370万人に。

http://bit.ly/1pWTHXO 2014年8月10日午後3時

 

ある男性の実話-シリアへは戻れず、ヨーロッパへの亡命も不透明

http://rfg.ee/z2vhg - 2014年8月11日

 

国連の事務局、機関、基金および計画へのリンク

国連広報局(DPI)シリア特集ページ

http://www.un.org/apps/news/infocusRel.asp?infocusID=146&Body=Syria&Body1=

化学兵器禁止機関・国連合同査察団(OPCW-UN)

http://opcw.unmissions.org

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/media/index.html

世界食糧計画(WFP)

http://www.wfp.org/countries/syria

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/crisis/syria

世界保健機関(WHO)

http://www.who.int/countries/syr/en/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/4f86c2426.html

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)

http://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/NewsSearch.aspx?CID=SY

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/

 

ソーシャルメディア:

Twitter: https://twitter.com/UN

Flickr: http://www.flickr.com/photos/un_photo/

YouTube: http://www.youtube.com/unitednations

Tumblr: http://united-nations.tumblr.com/

 

フォトギャラリー:

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/49c3646c25d.html

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/photogallery.php

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/media-resources/photo-gallery

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/photography/photo_2013.php#UNI82253

統合地域情報ネットワーク(IRIN)

http://www.irinnews.org/photo/

* *** *

 

潘基文事務総長は記者団に対し、いわゆる「イスラム国(IS)」がイラク、シリアだけでなく、地域全体の脅威になっていると懸念を表明。写真は家を追われたイラク難民の子どもたち©Iraqi Red Crescent/UNOCHA
レバノンで暴力が激化する中、UNHCRとそのパートナーは、北東部のベッカー渓谷で、シリア国境付近の町アルサルを逃れたレバノン、シリア双方の難民に人道援助物資を配給している©UNHCR/M.Hofer
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。