• プリント

シリア危機と国連の対応【ウィークリー・アップデート第40号】4/23付資料

2014年04月25日

国連広報局(DPI)は、シリア危機への国連の様々な対応をまとめた資料を週に一度発表しています。以下はその日本語訳です。

*  * * * * * * * * *

ウィークリー・アップデート

国連広報局(DPI)第402014423 

◆シリアに関する人道アピールへの対応はまったく不十分国連機関

5つの国連機関のトップは423、悪化するシリア危機の人道的影響に取り組むため、1年前に出されたアピールへの対応がまったく不十分であると警告しました。ヴァレリー・エイモス人道問題担当事務次長アンソニー・レイク国連児童基金(UNICEF)事務局長アントニオ・グテーレス難民高等弁務官アーサリン・カズン WFP国連世界食糧計画事務局長マーガレット・チャン世界保健機関(WHO)事務局長の5名は、共同声明の中で、人道状況は日ごとに悪化していると指摘し、「アレッポやホムスなど、戦闘が激化している地域に取り残された民間人は、今後さらに厳しい状況に追い込まれかねない」と述べました。声明は、紛争被災者に支援の手を差し伸べるため、さらに取り組みが必要だとして、政府と反体制派の双方に対し、無条件でのアクセスを可能にし、民間人の居住区域に対する包囲を解除するとともに、民間人に対する無差別的な爆撃や砲撃を止めるよう強く促しています。

-5つの国連機関トップによる共同声明の全文(英語)は以下をご覧ください。

http://reliefweb.int/report/syrian-arab-republic/joint-statement-heads-un-humanitarian-agencies-syria

 

◆シリア保有化学兵器のほぼ90%を搬出、廃棄

化学兵器禁止機関(OPCW)・国連合同査察団422、シリアが保有する化学物質の88%以上が搬出されるか、国内で廃棄されたことを報告しました。

http://opcw.unmissions.org/AboutOPCWUNJointMission/tabid/54/ctl/Details/mid/651/ItemID/303/Default.aspx

今回で17回目になる国外搬出は4月、シリアのラタキア港への搬送が加速したことを示しています。OPCW事務局長は、これを心強い動きと形容したうえで、今後2、3回の積荷が速やかに搬送されれば、今年半ばの期限までに、シリアの化学兵器を全廃できる目途が立つとの希望を表明しました。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://www.opcw.org/news/article/removal-of-syrian-chemicals-passes-86-of-total/

 

◆国連、現状での大統領選実施は政治的プロセスを損なうと警告

6月3日に大統領選挙を行うというシリア当局の発表を受け、国連報道官は421、記者団に対し、潘基文(パン・ギムン)事務総長ラクダール・ブラヒミ共同特別代表がともに、紛争が続き、大量の避難民が発生している現状で選挙を行えば、政治的プロセスが損なわれ、シリアが緊急に必要とする政治的解決への見通しは暗くなるとの警告を繰り返し行っていることを指摘しました。「このような形での選挙実施は、ジュネーブ・コミュニケの文言にも、精神にも反するものです」。報道官はこのように述べる一方で、国連は引き続き、シリアの悲劇を解決へと導く糸口を探り、これを活用していくつもりであると付け加えました。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://www.un.org/News/briefings/docs/2014/db140421.doc.htm

 

◆ヤルムークへの食料援助が2週間にわたり中断 – UNRWA

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は420、パレスチナ難民1万8,000人以上を収容するダマスカス郊外のヤルムーク・キャンプへの支障のない立ち入りを改めて要求しました。UNRWAによると、キャンプには4月8日以来、食料援助が届いていません。「栄養不良と飢餓のおそれが刻々と高まっています。安全保障理事会は、全面的な人道アクセスが実現されない場合、さらなる対策を求めることを定めた決議2139に沿った行動を起こさなければなりません」。UNRWAは記者声明でこのように訴えています。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://www.unrwa.org/crisis-in-yarmouk

 

国連の事務局、機関、基金および計画へのリンク

国連広報局(DPI)シリア特集ページ

http://www.un.org/apps/news/infocusRel.asp?infocusID=146&Body=Syria&Body1=

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/media/index.html

世界食糧計画(WFP)

http://www.wfp.org/countries/syria

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/crisis/syria

世界保健機関(WHO)

http://www.who.int/countries/syr/en/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/4f86c2426.html

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)

http://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/NewsSearch.aspx?CID=SY

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/

 

ソーシャルメディア:

Twitter: https://twitter.com/UN

Flickr: http://www.flickr.com/photos/un_photo/

YouTube: http://www.youtube.com/unitednations

Tumblr: http://united-nations.tumblr.com/

 

フォトギャラリー:

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/49c3646c25d.html

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/photogallery.php

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/media-resources/photo-gallery

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/photography/photo_2013.php#UNI82253

統合地域情報ネットワーク(IRIN)

http://www.irinnews.org/photo/

* *** *

 

 

 

5つの国連機関のトップは共同声明を発表し、シリアの人道状況が日ごとに悪化していると指摘。アレッポに設けられた国内避難民のためのテントでは、子どもたちが劣悪な環境のもとで生活している©UNICEF/Giovanni Diffidenti B.Szandelszky
化学兵器禁止機関(OPCW)・国連合同査察団は4月22日、シリアが保有する化学物質の88%以上が搬出されるか、国内で廃棄されたことを報告した(写真は2013年12月、シリアのラタキア港で)© OPCW-UN Joint Mission
レバノンのベッカー県で暮らすシリア難民の親子。一家は唯一のストーブを囲んで暖を取っている©UNHCR/A.McConnell
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。