• プリント

Googleと国連、検証済みの気候変動に関する情報の提供で協力 - 日本語でも(2022年4月22日付プレスリリース・日本語訳)

プレスリリース 22-020-J 2022年04月22日

2022年4月22日 - 世界中で何百万もの人々が、気候変動や持続可能性に関する情報を求めて、検索エンジンGoogleを利用しています。現在、Googleで「気候変動」と検索すると、国連が提供する信頼性の高い情報が日本語を含む12カ国語で表示されます。オーガニック検索の結果に加え、気候変動の原因と結果について短くわかりやすくまとめた情報パネルやビジュアルと並んで、気候危機に対して人々が取り組める個人の行動が表示されます。

「Googleとの協力によって、事実に基づいた信頼できる気候変動関連のコンテンツを、可能な限り広く世界に発信できるのは喜ばしいことです。近ごろは大量の誤情報がまん延していて、気候をはじめとする多くの重要な問題についての前進と理解を脅かしています。気候変動などの問題に関する科学的根拠に基づいた正確な情報が検索結果の上位に表われることが、これまで以上に必要となっています」国連でグローバル・コミュニケーションを担当するメリッサ・フレミング事務次長はこのように述べています。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、2021年に発表した報告書『私たちの共通の課題(Our Common Agenda)』の中で、世界を悩ませている誤情報の「インフォデミック」に取り組むことを呼びかけ、公開情報の誠実性や公的な言説の事実や科学的知識を向上させるグローバルな行動規範の導入を提案しています。
一方、Googleにとって今回の検索機能は、一人ひとりが自らの環境に与える負荷をよりよく理解し、抑制していくよう、人々をエンパワーメントするための製品やツールの構築を行う、より大きな活動の一環です。

Googleでシニアプロダクトマネージャーを務めるクリス・ラローサ氏は、昨年10月に気候検索機能を最初に3カ国語でリリースした際に、次のように述べています。「2021年は、『how to be sustainable(持続可能性を実現する方法)』に関する検索数が、過去最多を記録しました。Googleは、カーボンフリーの未来においてテクノロジーが重要な役割を果たすと考えており、人々が日々の生活の中でより持続可能な選択をするお手伝いをしたいと願っています」

Googleで検索できる国連の気候関連のコンテンツは、昨年秋に提供が開始された英語、フランス語、スペイン語に続き、現在ではアラビア語、中国語、インドネシア語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語、ベトナム語でも提供されています。

Google の取り組みについては Google Japan Blog (https://japan.googleblog.com/2022/04/earth-day2022.html) および昨年の英語での発表(https://blog.google/outreach-initiatives/sustainability/sustainability-2021/)をご覧ください。

* *** *

原文(English)はこちらからご覧ください。