• プリント

国連 「フードチャレンジ」キャンペーン:持続可能な料理で個人も気候変動対策に貢献

2019年09月24日

個人に気候変動対策を呼びかけるグローバルな取り組みActNowキャンペーンの一環として、国連が健康で持続可能な食料の選択を通じ、人々にグローバルな気候変動対策への参画を呼びかける「フードチャレンジ」に、日本担当FAO親善大使を務めるシェフの中村勝宏氏と学校法人 服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長の服部幸應氏がメッセージを寄せてくださいました。

食料の消費は多くの形で気候に影響します。農地開発目的での熱帯雨林の破壊は、肉に対する需要の拡大とともに、温室効果ガスの増大を助長する大きな要因です。また、国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の年間食料生産量の3分の1に相当する約13億トンが失われたり、廃棄されたりしています。食品ロス・廃棄は全世界の温室効果ガス排出量のおよそ8%を発生させます。

ActNowキャンペーンでは、全世界の一般の人々にも持続可能な食料消費への個人的な貢献を呼びかけています。中村氏と服部氏も、食品ロス・廃棄を削減する取り組みや、個人でも実践できるアイディアを紹介しています。

さらにActNowキャンペーンでは、温室効果ガスと環境へのダメージの削減に役立つ食材を用いた料理を創作している世界中の有名シェフらによるレシピを紹介しています。服部幸應氏が考案した、持続可能で気候に配慮し、しかもおいしい食べ物を味わえる4つのレシピをご紹介します。

 

レシピ1 「冷蔵庫!お掃除トルティージャ」

~材料(4 人前)~

卵 5
※A たまねぎ 1/8
※A パプリカ 1/4
※A 豆苗 1/2
※A しいたけ 2
※A キャベツ 1 枚分
※A 長ネギの頭 2 本分

オリーブオイル 適量
余ったポテトチップス 1/3  
塩 大匙 2
胡椒 適量  (アイオリソース)
にんにく 1
マヨネーズ 適量
牛乳 あれば適量

※A の分量は目安であり、冷蔵庫に残っている分でかまいません。他の食材での代用も可能です。

~作り方~

  • Aをすべて食べやすい大きさにカットする
  • フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、①を入れ、中火で全体がややしんなりするまで加熱する
  • ボウルに卵を割り入れ、混ぜる
  • ③に、②と手で砕いたポテトチップスを入れ、混ぜ合わせる
  • 小さめのフライパンにオリーブオイルを入れ熱し、④を入れる ⑥ 焦がさないように中火で両面焼き上げる
  • 食べられる分だけ切り分けて、アイオリソースを添える

(参考)簡単アイオリソースの作り方:マヨネーズに、にんにくのすりおろしを加え、お好みの固さになるまで牛乳を入れて調整する

レシピ2 「余った食材でパスタパエリア」

~材料(2 人前)~

オリーブオイル 少々
※A 玉ねぎの切れ端 1/8 個
※A 人参の切れ端 1/8 本
※A 赤・黄ピーマンのヘタ部分 各1個分
※A 余ったほうれん草 1 本
※A 葱の青い部分 1本分
※B 余ったイカや海老など 適量
※B 余ったベーコン 適量
ニンニクチューブ 小匙 1/3
残ったトマトジュース 100ml
水 200ml
顆粒コンソメ 少々
余ったスパゲティ 50g
冷凍グリンピース あれば適量
マヨネーズ 適量
ニンニクチューブ 適量
レモン あれば

※A とBの分量は目安であり、冷蔵庫に残っている分でかまいません。他の食材での代用も可能です。

~作り方~

① ※Aの野菜、※Bの魚介類・肉類を小さく刻んでおく
② フライパンにオリーブオイルを入れ①を加えて炒める
③ ②にニンニク、トマトジュース、水、コンソメを加える
④ 2~3cm に折ったスパゲティを③に加え、沸騰したら弱火にして、7~10 分後に水分がなくなるように、パ スタがアルデンテになるように加熱する
⑤ ④のフライパンを強火にして水分を飛ばして仕上げる
⑥ 器に盛りつけて、ニンニクマヨネーズとレモンを添える

レシピ3 「野菜皮の焼おにぎり茶漬け」

~材料(2 人前)~

※A 大根の皮 1/3 本分
※A 人参の皮 1/3 本分
※A 葉キャベツ 1 枚分
※A 長ネギの頭 2 本分
塩昆布 8g
胡麻油 少量
ごはん お茶碗 2 杯分
かつお節 4g
煎り胡麻 小匙 2
お湯 適量
酒 大匙 1.5
水 大匙 3
しょうゆ
大匙 1 弱
みりん 大匙 1/2
砂糖 小匙 1/2

※A の分量は目安であり、冷蔵庫に残っている分でかまいません。冷凍庫保存したもの、他の食材での代用も可能です。

~作り方~

① 大根と人参の皮を短めの千切りにする
② 葉キャベツは小さめにちぎり、塩昆布と混ぜ合わせて、キャベツがしんなりするまでおく
③ 長ネギの頭は、千切りにする
④ フライパンに胡麻油を少量ひき、①を炒め、調味料を加え、煮詰める
⑤ ④を汁ごと御飯に加え、削り節、胡麻とともに混ぜ合わせる
⑥ ⑤をおにぎりにし、フライパンで表面を焼き、焼きおにぎりを作る
⑦ 器(大きめのお茶碗か、丼ぶりなど)に焼きおにぎり、②塩昆布キャベツ、③千切りにした長ネギを乗せ、 お湯をかけてお茶漬けにする

レシピではお湯をかけただけですが、ごはんに削り節、キャベツに塩昆布が入っているため、即席出汁のように旨味が出ます。

レシピ4 「簡単おやつ!余った野菜でカリッとふわふわスティック」

~材料(2 人前)~

※A 韮 1/4 束
※A 玉葱 1/8 個
※A 人参 1/4 本
薄力粉 100g
砂糖 小匙 2
塩 ひとつまみ
水 50cc
油 大匙 1 (フライパンにひく油は別)

※A の分量は目安であり、冷蔵庫に残っている分でかまいません。冷凍庫保存したもの、他の食材での代用も可能です。

~作り方~

① ※A の野菜をすべてみじん切りにする
② ボウルに卵を割り入れ、ホイッパーを使い、白っぽくなるまで泡立てる (このときしっかり空気を含ませておくと、ふんわりとした仕上がりになる)
③ ②のボウルに、みじん切りした野菜、薄力粉、砂糖、塩、油を加え軽く混ぜる
④ 油をなじませたフライパンを中火で熱し、③を入れたら極弱火にする
⑤ 生地の周りが固まってきたら、ひっくり返す
⑥ 様子を見て、生地の全面が固まっていたら、一度火を止める
⑦ 生地をまな板に移し、スティック状に切る
⑧ 再度、油をなじませたフライパンで軽く焦げ目がつくように焼く
⑨ 皿に盛り付け、お好みでケチャップやマヨネーズなどを添える

※A の分量は目安であり、冷蔵庫に残っている分でかまいません。長ネギやピーマンなど他の食材での代用も可能です。

スティック状に食べやすく調理してあるので、野菜が苦手なお子様でも手軽におやつ感覚で食べられます。